記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
ニキビ肌の人にとって、スクラブ入りやメントール系の洗顔フォームは不向きであることが知られています。しかし、“ニキビ用”という表示がついていると、ついつい手にとってしまいますよね。注意したいのは、それらの商品の中には、使うことでかえってニキビが増えてしまうものがあるということなのです。

医師に詳しく聞いてみました。

ニキビ専用コスメがかえって症状を悪化させていた!

ニキビ用の洗顔料や化粧品のほとんどは保湿力が低くいうえ、肌のバリア機能でもある油分を必要以上に洗い流してしまう可能性があるのです。

その結果、皮脂が余分に分泌されるようになり、それがニキビを引き起こしてしまいます。ニキビでお悩みの人は、シンプルな洗顔料がもっとも負担が少ないといえるでしょう。その際、しっかり泡を立てて優しく洗顔することがポイントになります。

じつは寝具もニキビの原因に!?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

意外と見落としがちなのが、枕や布団のシーツ、パジャマ等の雑菌。私たちはなんと、ひと晩で数百mlもの汗をかいています。それなのに、多くの人はシーツやパジャマは毎取り替えません。洗顔を毎日していても、寝具などに雑菌が繁殖していたらニキビができやすくなります。汗をかいた自覚がなくとも、シーツやパジャマはこまめに替えましょう。また、柔軟剤の使い過ぎもお肌によくありません。

ニキビ予防にはビタミンB2・B6・Cが有効!

ニキビの予防法として皮膚科医がおすすめしているのが、ビタミンB2・B6・Cの摂取。それぞれの作用は、下記を参照ください。

ビタミンB2:油分をコントロール
ビタミンB6:肌の成分でもあるタンパク質を作る
ビタミンC :ニキビによるシミの予防

ニキビを予防するためには、刺激の少ないシンプルな洗顔料を使ったり、寝具やパジャマをこまめに替えるなどして、肌を清潔にキープする。そして、適切なビタミンを摂取することが大切です。


Doctors Me 編集部おすすめコラム】

《早めの対策!》自分に合った日焼け止めで、春からしっかり紫外線カット!
捨てられなかった"1年前"の日焼け止め!使用してもOK?
妊娠中お肌トラブル。医師が教える【簡単肌荒れ対策】とは!
最近"ヒゲ"が生えてきた…!【女性のオス化】が深刻!
ニキビや肌あれがなかなか治らない……役立つ薬を教えて!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス