記事提供:TRiPORT

アフリカ大陸の中で、現在注目を集めているナイジェリア。カナダのある世論調査会社によって発表されたランキングでは「幸福度世界2位」を獲得したこともあります。

世界でも有数の石油大国であるナイジェリアは、経済面でも世界トップクラス。そのナイジェリアにおいて、今最も熱い分野が映画産業です。

映画館は10館のみ!?

ナイジェリアにおける1年間の作品制作本数は約2000本。これはハリウッドの数字を超えて世界一なのです。しかし、実はナイジェリアにある映画館は10館のみ! 

これを聞いて非常に少ないと感じる人も多いはず。それに加えて、なんと入場料は5000円以上がほとんどで、現地の人々の収入から考えるととても高額です。

入場料が高額な理由は、映画館の中は暗いため犯罪が起こりやすく、そのためにお金持ちしか入れないようにしているからです。

そのような制限があるのにもかかわらず、ナイジェリアの人々に映画がこれだけ愛される理由は、売店で手軽に購入できるからです。

町の売店では海賊版のDVDが1本100円という低価格で売られており、人々はこれらを購入して自宅で鑑賞することで、映画愛を深めているわけです。

ナイジェリアの「ノリウッド」

アメリカは「ハリウッド」、インドは「ボリウッド」、そしてナイジェリアは「ノリウッド」と呼ばれています。ナイジェリアのNの頭文字をとって「Nollywood(ノリウッド)」と表現されています。

ノリウッドで作られた映画は自国以外にも、アフリカ全域で視聴されており、イギリスにはノリウッド専門チャンネルまであります。

ここまで愛される理由の一つが、ほぼすべての作品がハッピーエンドで終わるということです。

アフリカは歴史的にも貧困や暴動などの暗い話題が多く、人々はポジティブになれるエンターテインメントを欲していたのです。

映画は、まさしくその欲求を満たす存在であり、人々はこの娯楽を楽しむことで暗いことを忘れ、ハッピーな気分になれるのだと思います。

これがこの国で映画が愛される理由です。産業が発達しているアメリカやインド以上に、この国では歴史的な面が大きな影響を与えています。

ナイジェリアで映画が愛される理由を知ると、改めてエンターテインメントの重要性やパワーを認識できるのではないでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス