記事提供:ガジェット通信

6月30日午前11時30分頃に発生した、東海道新幹線の放火事件の容疑者の名前が発表された。放火したのは焼身自殺した東京都杉並区の林崎春生容疑者(71)。

放火による煙で一酸化炭素中毒を起こし、巻き添えになって死亡した横浜市の整体師・桑原佳子さん(52)とは面識がないものと見られ、桑原さんは三重県の伊勢神宮へお礼参りの参拝に向かう途中だった。

警察は7月1日、林崎容疑者の自宅を家宅捜索する方針。

林崎容疑者が持参したポリタンクの「油のような」液体をかぶって放火し、桑原さんは煙で中毒を起こし死亡したとみられる。

運転士の男性が放火直後から消火活動にあたった後、小田原駅まで運転したが、運転士も放火による煙で体調不良を訴え、小田原駅から救急搬送されている。

ネットの声「容疑者には怒り、犠牲者には悼み、JRと運転士は賞賛、『油をかぶったお客様』には驚き」

ネット上ではJRの電光掲示板が容疑者を「油をかぶったお客様」と表現したことに驚く声や、運転士の冷静な対応を賞賛する声、亡くなった桑原さんを悼む声、林崎容疑者を憎む声であふれている。

偶然、事件があった新幹線に乗り合わせた本紙記者によると、社内の電光掲示板には「頭から油をかぶったお客様がいた影響により、65分から290分程度の遅れがでています」という表示がずっと流れ続けていたという。

(事件発生後の別の車両の様子。「頭から油をかぶったお客様がいた影響」という表示がずっと流れていた)

林崎容疑者が焼身自殺した理由は今のところ分かっていない。ネット上では「ギリシャの破綻で経済的損失を被ったのではないか」「なんらかの政治的背景があるのか」など噂が飛び交っているが、憶測の域を出ないものと見られる。

(写真はいずれも事件があった後、東海道新幹線の別車両に乗り合わせた本紙記者が撮影した電光掲示板)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス