記事提供:まぐまぐニュース!

小さな子どもが2人以上いるご家庭では、些細な兄弟ゲンカが日々絶えないのではないでしょうか?

下の子がまだ言って聞かせられる年齢ではない場合、どうしても上の子ばかり叱ってしまいがちですが、それでは上の子の不満が溜まるばかり…と、“パパコーチ”ことくろさわさんは、上手な仲裁法を自身のメルマガで紹介しています。

兄ちゃんはつらいよ

今号も、前号に続けて兄弟ゲンカのお話。今日は「下の子が小さくて、言って聞かせることができないとき」についてお届けします。

例えば、お兄ちゃんがブロックで作品を制作中に、0歳や1歳の弟・妹(以下、便宜的に「弟」と書きますね)がやってきて壊してしまう…なんて場面、ありますよね。

他にも、「プラレールで線路を並べている」「ぬいぐるみ総動員でおままごとを展開中」「虫カゴを眺めている」「おやつを食べている」などなど、あらゆる場面でおチビさんは闖入してきます。

こんな時に、弟を叱っても意味はありません

そもそも悪意はないし、言葉で話しても充分には伝わらないし、その年齢では他者の立場を考えられないので、「作品を壊されて、お兄ちゃんは悲しい」という文脈は通じません。

だから、弟を叱るのではなく、兄の方を慰め、諭すことになるわけです。

「壊されて残念だったね。でもね、シュウに悪気はないんだよ。まだ小さくて、壊したらいけないってわからないだけだから」

もしこの場面で、兄が弟を叩くようなことがあると、兄はむしろ叱られる立場にさえなってしまいます。

「シュウに悪気はないって言ってるじゃない。イヤなことされたからって、叩いちゃダメでしょ!」

ですが、こんなふうに接していることで、お兄ちゃんは「いつも自分ばかりが我慢させられる」と思ってしまいます。

そんな体験を重ねる中で、『大事にされていない』『大切に思われていない』と感じさせてしまっていることも、隠れた事実です。そのために自己肯定感を損ねてしまっているのだとしたら、悲しいですよね。

こうした流れ自体は、仕方のないこと(他にやりようがない)と思いがちですが…あるんです。他の方法が。

それは『下の子にも、きっちり言って聞かせる』という方法。

前述の通り、言って聞かせたところで、効果は期待できません。でもそれは、「弟に理解させる」という効果がない、というだけのこと。

その一方で、「兄を満足させる」という効果は、バッチリあるのです。

お兄ちゃんが「自分の思いを親にわかってもらえた」「自分の言い分も尊重されている」と感じられるように、弟を叱る姿を見せてあげるのです。

この時、弟に言って聞かせる話には、注意が必要です。

人格否定はNG

「シュウは本当に悪い子」「お兄ちゃんが困ることばかりするんだから」などの表現は避けましょう。

そのように言われているのを聞くのは、兄にとっても快いものではありません。

また、そのような行動様式『困ったことがあった時には、相手の人格を否定する』を見て学ばせてしまうことにもつながります。

弟の行為を叱るのも△

「お兄ちゃんの作っているものを壊したらダメでしょ!」などと叱るのは、弟の(人格ではなく)行動に焦点が当たっているのは良いのですが、ベストではありません。

思い出してください、これは兄のためにやっていること。

ただ単に叱るだけでは、兄が受ける印象は「ボクが嫌だったということは、わかってもらえたんだなぁ」程度。

もう少し、踏み込んであげたいところです。

兄の気持ちを滔々と語るのが◎

「こら、シュウ、ちょっと待ちなさい!いいか、これはね、リョウタが一生懸命作っている作品なんだよ。どんな形にしようか、どこに何色のブロックを使おうか、いろいろ考えながら、朝からずっとがんばって作っているんだ。

完成したら、びゅーんって空を飛んだり、別のマシンと合体したり、いろいろやりたいこともあるかも知れない。だからね、それを途中で壊されると、すごーく悲しいし、腹が立つんだ。

シュウが興味を持つのもわかるけど、これはリョウタの大切な作品だから、今日は我慢してあげてね。もし退屈だったら、あっちでパパが本を読んであげるから」

このように語って聞かせれば、兄としては「ボクの気持ちを、こんなにわかってくれている!」と実感することができます。こういう言い方をすれば、むしろ自己肯定感を高めてあげることさえ可能です。

また、子どもが集中して取り組むこと(この例で言えば、モノ作り)についても、強い心理的サポートが得られるので、子どもの資質を伸ばすうえでも有用です。

さらに、最後の1文がミソなんですよ。

こう言っておくと、弟の相手をしてあげる時に「こっちでシュウを引き付けておくから、リョウタはゆっくり作っていいよ」という意味づけができます。

そうすることで、兄に「いつも弟ばっかり構って、ボクのことはほったらかし」という不満が生まれずに済むのです。

こんな場面に出遭って苦労するのは、子育ての中のほんの一時期だけかもしれません。でもその“一時期”は、当事者にとってかなり大変な時期です。よかったら、そんな時期にいるお友達にもご紹介くださいね。

今日のお話を役立てていただけたら、私も嬉しいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス