筆者は飲食店を経営しています。今回は、ビジネスパーソンとしても非常に重要な「人間力」的な部分について考えていきます。起業志向のある方向けですが、読み物としても読めますので、宜しくどうぞお願いします。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「あの店、面白いよね」とか、「あの店、感じが良いよね」とか、皆様がある決まったお店に行く理由を考えていくと、意外な事に気付きます。飲食店に行くはずなのに、必ずしも「美味しい」とか、「安い」に拘っていない点です。

勿論、飲食店である以上、最低限の味や清潔感、コストパフォーマンスといった条件は大切なのは分かります。ただ、それらが満たされているだけでは、実は集客に繋がらないこともあるようです。

では、通ってもらえる飲食店というのは何があるのか。その部分を考えながら、今回のテーマ「人間力」の高いビジネスパーソンを目指しましょうということに触れていこうと思います。

魅力的な「仕事ぶり」が非常に大事になってくる。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

先ず大手のチェーンは別の話になってしまいますが、小規模な個人店の場合、そこで店番をしている人のカリスマ性・心遣い・笑顔等の、最近の言葉で言う「人間力」的な魅力に惹かれていることが多いと思います。その為には出来る限りオーナーが自ら店舗運営に参加していることが望ましいようです。お客様は、思いの外「雇われ」と「経営者」の区別をしてきます。

時間で賃金を貰う発想の、ある意味仕事を借りていると言える「雇われ」さんと、それを生業とし、志高く営業をしている「経営者」とでは、お客様の敬意が異なってきます。

お客様は、お金を払ってある意味時間を買うという飲食店での過ごし方で、美味しいものが食べられるとか、感じの良い接客という事も期待してはいますが、そこを職場として働いている人の仕事振りを見に来ているともいえます。

起業を考えている場合は、特に自分の性格をよく知ることが大事!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

テキパキと仕事をこなすタイプの人が働くお店が好きなお客様もいれば、少々だらしなくても緩い感じの仕事振りが好きなお客様もいます。自分の話しをしたいだけのお客様もいますが、説教されに来ているお客様もいます。

これから起業をする場合、自分がどの性格なのかを考え、ターゲットとなるお客様に、どのように訴えるか、若しくはどのような傾向のお客様が狙う市場にいて、自分はその中でどう振る舞うか、そういったことがマッチする事により、失敗の少ない経営が出来る可能性が上がります。

ビジネスにおいて常連確保は大事なミッションだが…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

店の個性、運営方針、自分のキャラクター…この辺りの確立が出来ていると、ある共通したタイプのお客様が固定化されていきます。そういったお客様を「常連様」といいますが、概ね店に協力的な態度を取ってくれる方が多いので、円滑な店舗運営の為にも、ある程度この「常連様」を確保する必要があります。

ただ、逆に「常連様」に依存してしまう営業をしてしまうと、新しいお客様には「なんだ、常連ばっかりの排他的なお店だなぁ」ということになってしまうので、そのバランスを考えていかないといけません。そこには経営者の考え方やリーダーシップのようなものも求められます。

合致する層を見極めることも大事!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そのような事を考えると、先ずこれから起業される方は、自分の性格、自分を受け入れてくれる層などのある程度の確認と、自分の得意・不得意な話題などの確認、更には自分に出来る事・出来ない事をしっかり確認しておく事も、失敗の少ない経営の為には必要な事かと思われます。

勿論より多くのタイプのお客様を確保したければ、より柔軟な姿勢で臨むほうが良いでしょうし、セグメント化して濃く深く営業していく事を目指すならば、その対象の好みの知識・教養等を身に付け、その路線のお客様には、しっかり愛される自分にならなくてはいけません。

人に嫌われず、必要な人にアピールする力も兼ね備えた「人間力」を身に付けよう!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

何はともあれ、失敗の少ない店舗運営の為にも、最低限どのお客様にも嫌われない性格と、欲しいお客様にアピールできる「人間力」的なものを起業するまでに築くことができると望ましいと思います。

勿論起業後にも沢山のことが学べ、軌道修正することは出来ますが。ただ、そういったことの意識は起業前にしておいて早いということは無いと思います。

では、どうやったら「人間力」が身に付き、「人間力」が高まるかですが、筆者は、昔から身近にいる「人間力」の高いと思う人の真似から入ります。

正直なところ、性格が良くなるような本を100冊は読んだと思います。話し方が上手くなるような本もそれくらい読んだと思います。

あと、人からどう思われているか考えるようにします。また、人の振りを見て我が振りを考えます。上手くいくとき、いかない時。忘れてしまって自分の地が出てしまう時など、色々ですが、一進一退ありながら中長期的には上昇させる気概が必要です。

そして、筆者に限っては恵まれていて、日々酒場で店番をしているということです。現場は最高の学び舎です。

そのような事から、お陰様でどうにか、「人間力」の無さが原因で倒産することは無いであろう店の経営者として闘っています。

何か今回の話しは参考になりましたか?人を引き付け離さない「人間力」は筆者は誰にでも身に付けられると思っています。但し、それに向って進んだ人のみが身に付けられるもののようです。お互い頑張りましょう!!最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら