偶然か、神様のイタズラか。「少年ジャンプ」のセリフがとんでもないことになっているとツイッターで話題騒然!

「ナイスワンチ」のはずが・・・

「ワンテンポ」のはずが・・・

マズい場所に黒い点があるせいでシリアスな場面なのに爆笑しちゃいます。少年漫画だからってここまで下ネタサービスしなくても・・・。

犯人は再生紙の“汚れ”だった

漫画雑誌に使われる表面がザラザラした紙は「印刷せんか紙」といいます。新聞古紙や製本工場から出る裁ち落としを原料とする再生紙です。

新聞古紙の墨を抜く時、なかなか真っ白にできないのでピンクや緑といった色をつけています。

漫画誌が何色にも色分けされているのは余った紙を使っているからなのだとか。安い紙を使っている理由は出版社のコスト削減と、長期保存に向かないためコミックス購入者を増やす狙いがあるそうです。

しかし、この紙が曲者で・・・

同人誌用に少年漫画の紙を扱っている印刷所さんはこのように言っています。

はじめにお断りしておきます.この紙にきれいに刷るのは困難です.グレイスケールやベタにはムラやかすれが出て,紙にはしわが寄ることもあります。

出典 http://www.editnet-p.jp

と前置きをした上で、原稿の作り方にも注意が。

一般的な印刷用紙と違う点が多いため,原稿の段階からある程度用紙の特徴を考慮した原稿を作ることをおすすめします。

出典 http://www.editnet-p.jp

細かい線や細い柄はダメ、線は太め、文字大きめにしなければならないという注文の多さ。

少年漫画誌はそれを踏まえつつ漫画家さんが原稿制作をしているということになります。紙の汚れが話題になりましたが、むしろこの紙でちゃんと印刷できていることがスゴイようです。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス