みんなお馴染み。みんな大好きツナ缶

ツナ缶ってどんな物か知らない日本人はいないと思います。

何にでも相性ピッタリ

シーチキンという商品名もあるように海産物を調理してチキンっぽくした。という商品ですね。具体的にいうと、マグロの油煮。サラダ、おにぎり、寿司、パスタ…etcと色んな調理に使えますが、ちょっと思う事が…。

もっと安くなかったっけ?

ツナ缶。最近、妙に高くないッスか?

マグロの値上がりのせいか、スーパーでも1缶100円より高いですし。ちょっと前なら安上り食材の代表だったのに、今では何だか気軽に使いづらくなってます。

缶詰が高いなら、作ってしまえばいい。材料は?やっぱり、マグロとなるところですが、さっきも言いましたが、マグロ高いですし、安くて美味しい食材を使いましょう。

そこで出番となるのがチキン。

マグロを使ってチキンっぽい物を作ったのがシーチキンなら、チキンを使ってシーチキンを作れないワケが無い。今回使ったのは、ササミ。高タンパク低カロリーの代表食材です。スーパーなら100gで90~100円くらいでも入手できます。

それでは調理開始

ざっくり言うと、レンチンして、すりこぎか麺棒でほぐせば出来上がります。

【材料】(1~2人前)
[素材]
ササミ 3~4本
ネギ 少々
ショウガ 少々

[調味料]
調理酒 少々
コショウ 少々

【下ごしらえ】
ネギを小口切り、ショウガを荒みじん切りにしておく。

【調理手順】
(1)耐熱皿にササミを互い違いに並べます。こうすると熱の通りが均一になります。

(2)調理酒、コショウをササミに振りかけ、ネギ、ショウガを乗せる。

(3)耐熱皿にラップをフワッとかけ、3~4分ほどレンチン。

(4)粗熱が取れたら、すりこぎか麺棒でグリグリとフレーク状にほぐせば完成。

レンチン前

出典出典 けいたろう

レンチン後

出典出典 けいたろう

ほぐし後

出典出典 けいたろう

ほぐす前にはササミから出たスープが耐熱容器に出ていて、パサつくのでは?と思いますが、心配は無用。ササミをほぐす繊維の中にスープが戻って行く要領で沁み込むので、しっとりと仕上がります。麺棒をグリグリ回して、ねじるように押し込むと綺麗にほぐれて、ツナ缶っぽさが出てきます。

以前ネットで流行った鳥ハムと似ていますが、意外と時間が掛かったり、茹で過ぎると失敗したりと難しかったですが、これならレンチンでOKなので簡単。

出来上がったチキンシーチキンは従来のシーチキンともちろん同じような用途で使用できます。ササミ3~4本でかなりの量ができるので、コスパも高く、冷蔵庫で2~3日で保存可能なので、1回作っておくと何かと便利です。

食欲がない中でも食べられる料理のお供に

出典出典 けいたろう

様々な料理のチョイ足しに使えるほか、そうめんやそばの付け合せにピッタリ!山形のだしなんかを乗っければ、さっぱりサラダ風に食べられるし、本格的な夏の到来の前に覚えておくと便利なレシピです。

この記事を書いたユーザー

けいたろう このユーザーの他の記事を見る

観光情報サイトの『たびねす』にて旅行ガイド執筆中。
取材で京都・大阪を中心に色んなところに、観光スポットに出入りしてます。
旅行・食べ物以外には、上方落語とプロレス、B級な物事が大好物です。
一児のパパだったりもします。
ぜひ旅行ガイドを読みに遊びに来てください。
たびねす
http://guide.travel.co.jp/navigtr/280

権利侵害申告はこちら