記事提供:TRiPORT

体力と知性の両方を兼ね備えていないと勝てないチェスボクシング。その名の通り「チェス」と「ボクシング」を融合したスポーツで、今ヨーロッパで人気を集めています。

1992年にコミック作家のエンキ・ビラルによって構想され、これをヒントにオランダ人芸術家のイップ・ルービングが2003年に、世界チェスボクシング機構を立ち上げました。

日本でも、デモンストレーション試合が行われていて、某テレビ番組ではチェスの代わりに将棋ボクシングというものが行われたこともあります。

試合は、ボクシングのリング上で行われ、チェスとボクシングを交互に行い、その勝敗を決めるという至ってシンプルなスポーツであり、少し異色な光景を観ることができます。最初はチェスのラウンドから始まり、最大11ラウンドまで行われます。

チェスは1ラウンド4分、ボクシングは2分間。それぞれのラウンドの間には、1分間の休憩がとられ、チェスの持ち時間は12分で、時間切れは負けとなります。

またボクシングでのノックアウトやチェスのチェックメイト、そして審判の決定によって試合は終了。想像だけでは冗談のような競技に思われることもあるようですが、世界大会まで開催されている本格的なものなのです。

知力と体力をかけた闘いの魅力

チェスボクシングの面白いポイントは、まさに知力と体力をかけた闘いというところ。ラウンドを闘い抜くには、並大抵の精神力では難しいとされています。観ている側も試合から一瞬も目が離せなくなるほど熱中できるそう。

ボクシングのリング上で、紳士的に4分間チェスをプレーした後、続いて同じリング上で3分間も激しく打ち合うというギャップのある光景やルールも特徴的です。ドイツなどでは世界大会が行われており、熱く支持をするファンも少なくないようです。

チェスボクシングで勝ち抜くためには、身体と心と頭脳を鍛えなければなりません。世界大会で優勝した人は「世界で最も体力と知力を兼ね備えた人」と称されることもあります。

また、コミック作品から生まれたスポーツというのも面白いところです。チェスとボクシングを交互に繰り返し、その勝敗を決めるという格闘技なのか、知的ゲームなのか、はっきりわからない競技ですが、内容は決して簡単ではなく、

後半になるにつれて冷静な判断ができなくなってくるので、いかに最後までチェスでは冷静に駒を動かせるか、ボクシングでは相手の動きを見極めることができるかが勝負のカギとなります。

思わぬところから湧き出たアイディアが、全く新しいスポーツとなり、世界ではプレーされているのです。オランダやドイツでは盛んに行われるので、訪れたときはぜひ観戦してみてください。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス