さっそくですが…

【あなたの“重い女”度チェック!】

□「私のこと好き?」とよく聞いてしまう
□LINE、メールは即レスじゃなきゃイヤ
□つい彼の携帯を見てしまう
□たとえ仕事でもデートのドタキャンは許せない

この中のどれかひとつでも当てはまったら…あなたも重い女の素質あり!
彼に逃げられてしまう前に、当記事を読んで少し冷静になってみてくださいね。

“重い女”が嫌われる本当の理由って?

“どうしても顔が好きになれない”、“体型が何が何でも受け付けない”、“受け入れ難い趣味を持ってる”などなど…

よっぽど、生理的に無理!って相手ではない限り、実は、他人に好意を持たれて嫌な気のする人はほとんどいません。

つまり、人を好いて、自己満足で勝手に相手に尽くしてる分には、誰にも文句は言われないのです。


本来、相手を思って優しくなれる、親切にできる、その気持ち自体はとても素晴らしいものです。問題なのは、その“やさしさ”が、本当に相手が好きだからこそのもの?ということ。

「私は、こんなにあなたのことを好きなので、
こんなことしてあげます。それで、あなたは何をしてくれますか?」

「私はこんなにあなたが好き!だからあなたも応えて!」

こんな感情がやさしさの裏に透けて見えたとき。残念ですが、相手にとっては、嫌悪・恐怖の対象になってしまうのです。

その“やさしさ”、誰のためのもの?

自分が安心したいから、誰かに寄りかかってたいから、頑張った自分を相手に見てほしいから…。そんな気持ちが原動力となっている行動は、相手に不必要なプレッシャーや不快感を与えます。

人間、誰しも人に愛されたい、誰かに認められたいという欲求のもとに生きています。
でも、見返りを期待してばかりの愛情は、あなたも、相手も疲れさせるばかり。誰も幸せにはなれません。

むやみやたらに尽くすのではなく、相手の立場に立って物事を考えること。それが本当のやさしさであって、愛情なのです。

“愛情深い”と“重い”は紙一重

“愛情深い”と“重い”は紙一重で、境界線もとても曖昧。
では、その違いは一体何かというと…

【相手が心地いいと感じるかどうか】

結局は、これがすべてです。

あなたが純粋なやさしさのつもりで行ったことでも、相手が重いと感じたなら、それは“重い”行為。
周囲の人間が、それ重くない?といくら思っても、相手さえ“これは愛情だ!”と感じているならそれは“愛情深さ”による行為になるのです。


自分では精一杯思いやりをもって相手に尽くしているつもりなのに、なぜか相手に邪険な扱いばかり受けている…というあなた。
まず、一度立ち止まって、相手の立場に立ってみることからはじめてみてくださいね。

▼さらに詳しい内容はこちらから▼

▼こちらも合せてどうぞ▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら