記事提供:子ある日和

春、今までずっと一緒にいた息子が幼稚園に入園した。3歳半、年少さんになったのだ。

幼稚園や保育園に通う子どもを持つママがみんな経験する事。

一緒にいた我が子と離れる不安、寂しさ、自由な時間が出来る楽しみ。でもそれ以上に子ども本人の方が不安で不安で仕方がないのだ。

息子、初めての登園の日。

不安な顔をしていたが初登園は泣きもせずに行った。が、その次の日から朝になると泣くようになった。

前夜には「行かない!明日は行かない!!」

と怒り、朝になると暴れるくらい泣き、引きずりながら幼稚園へ連れて行く日が続いた。

先生に引き渡す時も、私の首にしがみつき爪を立て抵抗する。

私の首も傷だらけだった。なぜ一日でここまで変わったのか。

初登園で虐められたのか?

先生に何か言われたのか?

とモヤモヤしていた。毎晩、毎朝の息子の言動と行動。

涙が出た。

登園時に行きたくないと泣き叫ぶ息子を先生に引き渡したら、知らん顔して私もそそくさと園を後にする。

目を合わせてしまったら、声をかけてしまったら、息子はもっと行きたくなくなると思い、走って園を後にする毎日。

でも、それがいけなかったんだ。

息子の事で悩んだ末、私は遠く離れて住む母親にこの事を相談した。

母親に言われた「あんたも幼稚園行く時はすごかったよ?毎日泣いて泣いて!!あの頃は働いてたからイライラしたね。やっぱり親子だよ!あんたと一緒!!」

正直ムカッとした。

何で相談したのにそこまで言われなきゃいけないの?

でも、「だからあんたが一番分かるでしょ?」

そうだ。そうなんだよね。

息子がなぜ泣いてるか、私が一番分かるんだよ。同じ感情だったんだよね。

私は今でも幼稚園の登園時の記憶が残っている。

働きに出る母親の車で幼稚園に向かう。

共働きの両親は病院関係という職場もあり、夜勤の仕事が多く、なかなか家族全員での生活が出来なかった。夜勤の日は祖父母の家か宿泊可能な託児所での生活だった。

私は母が送ってくれる登園の時には泣いた。

母親と離れる寂しさ、

母親がこのまま迎えに来ずそのまま置いて行かれるのではないか、

今日は家に帰れるのか、

今日は父や母が迎えに来てくれるのか、不安で寂しくて。

その感情を泣いて訴えていた。

息子もきっと同じなのだ。一緒に行ったはずの母に置いて行かれる恐怖。

一人。寂しくて、不安で。

決して極端ではなく、子供にとっては恐怖。だから、ある日の登園の前に、息子をぎゅっと抱きしめた。

「お母さん、迎えに来るね!だからいっぱい遊んでご飯食べて、お母さんの事待っていて!帰ってきたらアイス食べよーよ!」

「アイスやったー!!」

と、初めて自ら先生の元へ行った。そして不安な顔はしていたけど、泣く事なくバイバイしてくれた。

私は嬉しくて泣いてしまった。

登園前と降園時に抱きしめる。

毎日迎えに行く約束はする。

そして、息子とちゃんと向き合う。

今年は息子はもちろんだけど、私も成長できる年になる。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス