女優・星野真里さんが31日、自身のブログを更新。第一子となる女児を出産したことを明らかにしました。

ご報告させていただきます。
7月30日。
満月の前夜、満潮になろうかという夜明け前、3時頃。無事に第一子となる女の子を出産いたしました。

"母"である親戚、友人、知人の方々に話を伺い、様々な想像をしていたにもかかわらず、それをはるかに超える肉体的にも、精神的にも厳しい時間を、私はどのように耐え、どのように乗り越えることができたのだろうかと、自分自身が信じられない思いです。

我が子と対面した瞬間にそんな苦労は泡と消えた、と思えるほど私は純粋でも素直でもありませんが、私の指を握る小さな手や見飽きることのないまだむくみがちな顔、少し高めの泣き声やお乳を吸われる時の痛み、そんなひとつひとつが愛おしく、まだまだ実感の伴わない頼りない母親なりに、しっかりと我が子と向き合い子育てしていこうと覚悟を新たにしております。

こんな大きな体験をさせてくれた娘に、常に笑顔で支えてくれた夫に、仕事で立ち会えなかった夫の代わりにそばにいてくれた母に、そんな母を快く送り出してくれた父に、そしておめでとうとあたたかく祝福してくださった多くの皆様に、本当にありがとうございました!!

出産は想像以上の厳しい時間だったようで、「どのように乗り越えることができたのだろうかと、自分自身が信じられない思い」とその壮絶な経験を語っています。

それでも、産まれた我が子の動作一つ一つの愛おしさをつづるとともに、「まだまだ実感の伴わない頼りない母親なりに、しっかりと我が子と向き合い子育てしていこうと覚悟を新たにしております」と新たに母になった決意を記しています。

今回は、そんな星野真里さんのの妊娠から今までのマタニティライフを追いました。家族のサポートがあり、初めてでも穏やかな妊婦生活を送っていることが伺えます。

家族のアドバイスで「果物」をパクパク

暖かな昼下がりにこんにちわ。

たくさんの方からお祝いのお言葉、優しい気遣い、
いただいております。ありがたくてありがたくて恐縮してしまいますが、ある方に、こんなに気を使ってもらえるのは今だけだよ、だからいいんだよ、とぶっきらぼうながらも心温まるアドバイスをいただいて、感謝を忘れずに、素直にご好意を受け止めようと決めました。

私の体の変化があったからというわけではなく、自分の体のことをよく考える家族の要望で、最近は果物をたくさん食べています。バナナにイチゴにリンゴにキウイ、八朔やブルーベリーなど常に我が家にある状態です。どうやらそのおかげで体調もお肌も調子が良いようで、ちょこちょこ買いにいかないといけませんが、これからも続けていこうと思っています。

「カラダに良いこと」を日々勉強

なんとなく体にいいと言われていること、
色々と知っていますよね。

でも何がどう体に良いのかは説明できない。そんなことだらけです。というわけで、最近、そんなことを調べてふむふむと勉強しています。

たぶん、基本的に勉強は好きなのだと思います。

納得からしっかりとした知識になるよう、続けていこうと思います。

家で妊娠について書かれた本を熟読

たくさん、たくさん、いただいてしまいました。
病院に行った時、待合室に置いてある雑誌を読む、
その時だけが私たちのお勉強タイムだったのですが、おかげさまで、家でもゆっくり読むことができるようになりました。ありがとうございます。

こんなにも多くの雑誌、本があるのですね。
もちろん本屋に行けばきっとずら~っと並んでいて、選ぶことが難しいくらいなのでしょうね。

呑気な我が家は周りの話を聞くくらいで、その時、えっそうだったの!?と驚くこともしばしばです。なんとかなるさとおおらかな気持ちで、といえば聞こえはいいのでしょうけれど。

世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあるということ、知っているつもりでも実際遭遇すると想像とは違うこと、積極的に外に出てみると新たな発見がたくさんあります。

良い思いをするばかりではないけれど、それもこれも最後には笑って話せる相手がいる今、怖がらずにどんどん出会っていこうと思います。

体のことを労り行列に並ぶことは回避

ここ数年、かき氷ブームですよね。
このお店も夏、暑さ本番の時は長い行列ができるそうです。この日はタイミングよく、出て行くお客さんと入れ違いで座ることができました。
でも帰る時は15人ほどの行列。
最近暑いですからね。
食べたくなりますよね。

行列といえば昨日、表参道に大行列が。
ヒルズで開催されていたジェラートのイベントです。
そんな楽しそうな事をやるんだとたまたまネットで知って、用事ついでに行けたら行ってみたいなぁなんて思っていましたが、そんな軽い気持ちで参加できるイベントではなかったようです。

昨日はまだここ数日の中では過ごしやすい日ではありましたが、お行儀よく並んで待っていられる日本人の忍耐強さにあたらめて感心しました。
14種類のジェラート無料食べ比べ。
さぞ美味しかったんだろうな。

盛り上がっているところに参加してみたい気持ちが、
むずむずと心に生まれましたが、体のことを考え、おとなしく帰りましたとさ。

自宅に「農園」を作成

今年から始めました。我が家の農園です。
虫に食べられている葉もありますが、元気で美味しい葉っぱだからという事で。

それぞれ担当が一応ありまして。手前のワイルドストロベリー、ベビーリーフ、シソが私。すくすく育っています。

植物っていいですよね。
今はどんどん大きくなっていく季節ですから特に癒されています。
毎日新しい芽を見つけて、昨日よりも大きくなっている葉っぱを見て。
言葉は交わせないけれど、生きているんだよって姿をしっかりと見せてくれる、それで元気になるのです。

私、今なお地道に地味な生活続けています。

「時間の許す限りいろいろ行ってみたい」とお出かけ

アメブロで紹介されていた一面ブルーの世界。

あれがみたい!ということで行ってきました。

大きな大きな公園。その中を歩くことしばし。途中にあったチューリップ畑に感動し、想像以上だね、と話していると、その先に見えてきました。

あれだ!ワォ!!と大興奮です。

これはネモフィラという小さな青い花。

一つの花は3cmほどでしょうか。それがこんなにも集まって、こんな美しい景色となるなんて。正直、お花でこんなに感動するなんて思いませんでした。

空の青、ネモフィラの青、その先の海の青、そして偶然、私の服も青。

少し足を伸ばせば、こんなにも楽しめる場所があるなんて。近いけれど行ったことのないところへ。
時間の許す限りいろいろ行ってみたいと思います。

いかがでしたでしょうか。ここに載せたブログでは、出産の報告も星野さん自身の言葉でつづられるかと思います。その時までぜひ定期的にチェックしてみてください!

こちらの記事も併せてどうぞ

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス