毎月いくらくらい通信費を払っているかちゃんと把握していますか?
ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでスマートフォンを持つと、だいたい8000円程度という人が多いのではないでしょうか。

それが今流行の格安スマホに乗り換えることで月額3000円程度に押さえることもできます。もちろん、大手キャリア・格安スマホそれぞれにメリット・デメリットがあるので、そこも含めて、最近の格安スマホ事情を紹介します。

安くなる仕組み

まずは簡単に大手に比べて、格安スマホが安い仕組みについて簡単に紹介します。

大手キャリアでは、回線を維持するアンテナなどの設備、店舗維持費や人経費、アフターサポートがかかっています。

これに対して、格安スマホの回線は、大手キャリアの回線を借りて事業を行っています。また、自前の店舗などもほとんどなく、サポートも限定的であるため、運営にかかる費用を削減することで安さを実現しています。

回線について

安い回線ではつながらないのかもしれないと不安に思うかたも居るかもしれませんが、先ほども述べたように、格安スマホで使われる回線は、大手の回線を借りて実現しています。

例えば、ドコモの回線を借りている事業者であれば、ドコモと同じエリアで回線を使うことができます。

メリット

格安スマホのメリットとしては何と言っても月額の費用が抑えられることでしょう。
大手キャリアを使った場合よりも5000円ほど安くなり、2年使うと10万円以上の差が出てきます。
これに加えて、大半の格安スマホはSIMフリーという、どこの回線でも使える端末が主流で、例えば自分のスマホを海外に持って行って、現地でSIMだけレンタルすることで日本と変わらずに使うことができます。

また大手に比べて、高速通信の容量などを自由に設定することができるため、自分の使い方に合わせて無駄のないプランを設定することができます。

デメリット

まずは大手に比べてサポートの面が弱いことが挙げられます。端末の使い方・設定なども自分で調べる必要があります。ただし、最近では格安スマホを解説しているWebページや、解説本なども多数販売されているので、以前よりは情報を得やすくなっています。

上記に加えて、キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)が使えなくなるという点があります。最近では利用する機会が減っているかもしれませんが、極稀にキャリアメールでなければ登録できないサービスなどもあります。

自分の使い方に合わせたプランを選ぶ

上記のメリット・デメリットを理解したうえで、格安スマホでのプランを検討する必要があります。
通勤・通学中や外出先でYouTubeなどで動画をたくさん見るという人は、高速通信の容量を多くする必要があるため、経済的なメリットは少なくなってしまいます。

1番格安スマホの恩恵があるのは、あまり通話しない、動画などはほとんど見ない、でもスマホを使いたい!という人です。動画などを見ずに、SNSやニュースサイトを見る程度であれば高速通信は数GB程度で十分で、3000円程度にすることができます。

これからいくつかおすすめの格安スマホを紹介します。

ZenFone2

発売前から注目度の高かった端末で、iPhone6Plusと同じサイズでやや大きいですが、性能に関してはトップクラスです。
この端末に3GB程度の高速通信で月額約3000円となります。

ZenFone2を選んだのはちょうど発売するタイミングだったのと、OSがAndroid5.0だったから…くらいの理由で、メモリは2GBの下位モデルで十分って感じてる。あとは落とさないように大事に使うだけ。

出典 http://ta0.hatenablog.com

メモリが4GBのモデルと2GBのモデルがありますが、ヘビーに使う人でなければ、下位のモデルで問題なさそうです。

DMM mobile、楽天モバイルなどで端末と回線をセットで購入することができます。

Huawei P8Lite

こちらも最近発売された端末で、より安価で提供されている端末です。

このP8liteに搭載されているEMUIは、細かい所まで作り込まれていて、結構使いやすいと感じます。

出典 http://sim-free-fun.com

P8liteは、格安スマホのミドルレンジ端末ですが、機能面ではかなり充実していると思います。使い勝手もとてもよく、約3万円の端末としては、十分すぎる機能だと思います。

出典 http://sim-free-fun.com

最近発売されたばかりということもあり、キャンペーンでより安く入手することができます。下記のNifMoの場合は音声通話対応+3GBの高速通信で月額費用2,697円と、非常に安く提供されています。

また、格安スマホで使用するSIMで人気のIIJmioからもセットでの販売が開始されるようです。

LG G2 mini

上記の2種は比較的大きい端末であるため、小さめの端末を使いたい人にはこちら4.7インチの端末がオススメです。

安さ勝負な側面もありますのでスペックは控えめです。
また内蔵ストレージが8GBと少なめですので記憶容量が不足と感じればmicroSDカードで拡張できますので心配する必要はないと思います。

出典 http://setuyakusp.webcrow.jp

今回紹介したものは端末と回線がセットになったもので、手軽に購入、しばらく使い続けられる程度の性能、高速通信も使えて、かつ月額3000円程度というものを紹介しました。

この他にも端末と回線を別々に選んで購入することもでき、自分で研究すればするほど選択肢自体は広がります。安易に安さに飛びつくのではなく、まずは自分のスマホの使い方を振り返るところから始めて、それから高速通信の容量など使い方にあったプランを選んでください。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス