記事提供:鈴木おさむオフィシャルブログ

抱き方アドバイスありがとうございます。

とにかく慣れる。

恐怖心が出なくなるまでやってみます!

まあ妻とお母さんにはかなわないですからね。

絶対。

ただ、ちょっとでも近づきたい。

そんな中、「左手で抱く」という方法。

やってみました。昨日。

心音を聞かせるという方法。

これ、少し効果あった気がします。

泣きそうになっても落ち着くまでが早い。

これ「レフトハンドホールド」とプロレスのような技名で名づけさせていただきます!!

レフトハンドホールドと同様に、泣きそうになったら、膝を上下させてみる

アップサイドホールド(これまた今また僕がつけました)をやってみると意外と効果がありました。

ただ、気がするだけで、その都度ご機嫌違うので、次はきかないかもね。

やはり慣れていくことが大事ですね。

母乳。

母乳出してあげるのがこんなに大変なんだって知りませんでした。

聞いてはいましたけどね。

だけど、

なんでおっぱいマッサージするんだろ?とか

なんで乳首につけるクリーム違うんだろ?

とか思ってたんですが、

いざ、この状況になってわかりました。

母乳を出せるようになることって、こんなに大変なんですね。

そして痛みを伴うものなんですね。

そういえば。

中学の時、、マラソン大会に出るだけで、Tシャツで乳首がすれて痛かったもんな~~~!

あの時超痛かったから、ママ達はあんなもんじゃないわけで。

母乳が出る体質と出ない体質…にわかれてるくらいのものだと

思ったけど、そうじゃないんだと。

そして赤ちゃんも、母親の乳首に慣れていく。

赤ちゃんと母親の共同作業なんだなと、ようやく気づけました。

すごいことですよね。

だってね、男性からしてみたら、「乳首」ってエロいワードなわけじゃないですか。

中高生の男子が「乳首」って発言するだけで大騒ぎなわけですよ。

好きだったグラビアアイドルが脱いで、乳首見せて、大騒ぎになるわけですよ。

だけど、母親になった瞬間、「乳首」、それがライフラインになってるんですから。

いやー、早く妻の乳首も息子にあうように、一日でも早く進化してほしい。

乳頭のマッサージをしたり、いろいろと痛そうな妻ですが…

みんな、ここを抜けていくんですもんね。

でも、ここにも、人それぞれ、違いがあるわけですもんね。

そこで、今日は体験者の方に聞きたい。

母乳がちゃんと出て赤ちゃんがそれを吸うようになるまでどのくらいかかりましたか?

これ人によってかなり違うんですよね?

お母さんがいる間に、もっといろんなことを修行してマスターしないとな。

ここで、皆さんにアドバイスいろいろ聞いてきますからよろしくお願いしますね。

写真。

さきほどベッドで子供を抱いて寝ている妻。

寝られるときに寝てください。

あ、妻の知人で妊娠中の方が、どんなサイトやアプリ見るよりも、このブログのみなさんのコメントがリアルでためになる!と言ってくれました。

みなさんのおかげです。本当に感謝です!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス