杏さん×行定監督の「澪」“WEB限定ムービー”第2弾!

もうすぐ七夕の季節です。子供の頃、こっそり短冊に好きな人と結ばれることを願った人もいたでしょう。今回はそんなピュアな気持ちを思い出させてくれる社内恋愛を描いたWEBムービーの紹介です。

杏さん、行定監督の二人が織り成すWEBムービーがまるで本格的なテレビドラマを見ているかのように、面白いと評判になっています。行定監督はあの”世界の中心で、愛を叫ぶ”や”GO”など数々の名作を手掛けた監督として有名です。

出典 https://www.youtube.com

とあるデザイン会社の休憩室。田端美織(杏さん)が働くこの会社では、短冊に願い事を書くのが社内行事になっています。七夕の夜、ひそかに想いを寄せる先輩の木内泰彦(青木崇高さん)と、笹を燃やす係に選ばれた美織ですが、外はあいにくの雨模様。

出典 https://www.youtube.com

雨はまだまだ止まず、後片付けは一向に終わらない。二人はお互いの願い事を笹の中から探しあいます。

出典 https://www.youtube.com

泰彦が別の部屋にものを探しに行っている間に、必死に彼の短冊を探し出します。一体彼の願い事には何と書かれていたのだろうか。。

出典 https://www.youtube.com

見つけ出した短冊には「”N”ちゃんと相思相愛になれますように」と記されていた。美織のイニシャルである”M”ではなく。

出典 https://www.youtube.com

美織は思わずNという文字を自分のイニシャルである”M”に書き換えます。

出典 https://www.youtube.com

泰彦に願いを書き換えたことがばれてしまう。一体この後どんな展開が待っているのでしょうか。

気になる動画本編はこちらから!

出典 YouTube

杏さん撮影感想インタビュー

杏さんに今回の撮影についてのポイントや感想を答えていただいたインタビューです。

◆撮影で印象に残っているシーンと、こだわったポイントをお聞かせください。

「笹を燃やすシーンが、迫力があって楽しかったです。一日限りの役ですが、前後を想像させるような自然な動きができたら良いなと思って演じました」。

◆第1弾「『澪』と過ごす母の日」篇をご覧になった感想は?

「光がとても綺麗で、見ていて心が温かくなるような映像でした」。

◆短冊に七夕の願いを書くとしたら、どんな願い事を書きますか?

「時間がないので、どこか旅行に行きたいです。海や山へ犬達も一緒に連れていきたいですね」。

◆視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

「大人になると、七夕に短冊を書く機会は多くないと思います。今回ムービーを通じて、改めて、季節を感じ、願いをこめる素敵なイベントだなと思いました」。

第一弾の「母の日」動画はこちらから

出典 YouTube

こちらの映像もまた違った表情の杏さんがご覧いただけます。

多くの人の共感を集める杏さんの演技に今後も注目です。皆さんも七夕の日に気になるあの人に声をかけて一緒に澪を乾杯するというのも良いかもしれません。

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス