そもそも青春18きっぷって何?

知っている方もいるとは思いますが、まずは青春18きっぷは何なのか?という説明から。

青春18きっぷはJRが発売しているJRの普通列車・快速列車、快速夜行列車であれば1日乗り放題というフリーパスタイプのきっぷです。

新幹線などの特急列車や急行、また他の私鉄の列車に乗ることは出来ません。

普通列車や快速列車であれば乗ることが出来るので、例えば指定席やグリーン車のある列車には券を買えば、座って乗ることも可能です。

普通列車となっていますが、特急列車しか通ってない区間やJR西日本フェリーの宮島航路、場合によっては代行バスでも使用することが出来ます。

18歳じゃないけど乗れるの?

意外とネット上で見掛けるのが、青春18きっぷという名称から「年齢制限のあるきっぷなんでしょ?」という書き込み。

18歳以下じゃなくても買えます

出典 http://mb.jorudan.co.jp

また18歳以上の方は買えないということもありません。大人も子供も買えます。

青春18きっぷの名称については…

「青春18きっぷ」の名称の由来については、当時旅客局長だった須田寛により青少年・学生をイメージした「青春」と、その象徴的な年齢で「末広がりの8」にも通じる「18」を組み合わせた、と後年に須田が説明している。

出典 https://ja.wikipedia.org

ということなんだとか。ですので、どなたでも買うことが出来るきっぷです。

どこで売っているの?いくらなの?

18きっぷですが、大型連休や学生などの長期の休みがある春・夏・冬の時期に発売されています。

例年通りですと…

春:平成27年2月20日~平成27年3月31日
夏:平成27年7月1日~平成27年8月31日
冬:平成27年12月1日~平成27年12月31日

出典 http://www.jreast.co.jp

そして使える期間もこのように決まっています。

春:平成27年3月1日~平成27年4月10日
夏:平成27年7月20日~平成27年9月10日
冬:平成27年12月10日~平成28年1月10日

出典 http://www.jreast.co.jp

さて、買えるところや値段ですが…

JRの駅にある「みどりの窓口」で、5日分11,850円で発売しています。残念ながら1日ごとのバラ売りはありません。

出典 http://mb.jorudan.co.jp

きっぷを切り離して使うことは出来ませんが、1人で5日間使うことも出来ますし、5人で1日使うことや、1日は2人で使い後日3人で使うということも出来ます。

どうしても1日〜4日分欲しい場合

使い切る自信がない…という方もいるでしょうし、1日だけ使いたい!という方もいると思います。

そのような場合はオークションサイトやSNS、金券ショップなどを利用するといいでしょう。

期間により、金額の変動はありますが、安く買うことが出来ます。

ただし、金券ショップを除くと個人同士でのやり取りになるので、トラブルなどに気を付けてください。

使っている方はいるの?

使っている方を見たことがないな〜という方もいるかもしれませんが…

ツイッターで「18きっぷ」で検索してみると…

発売前なので、利用を考えている方のツイートになってしまいましたが、帰省に日帰り旅行にスポーツ観戦の際に使おうと考えてる方がいるようですね。

どの辺がオトクなの?

なんとなく青春18きっぷがわかっていただけたかと思いますが…

果たしてこのきっぷオトクなんでしょうか?

11850円という値段だけ見ているとオトクな感じがあまりしませんが、これを1日分と考えてみると…

2370円。つまり1日2370円で乗り放題になるということです。

自宅の最寄り駅から片道1185円以上掛かるところへ行き、降りて、また最寄り駅に戻って来るだけで1日分の元が取れてしまいます。

これだけですと、ピンと来ないかもしれないので…

例えば東京から大阪までの移動。普通にきっぷを買って行くと8750円します。

しかし、18きっぷであれば1日2370円なので、6380円得をすることになります。

同じくらいの安さですと、高速バスなどありますが、長期の休みがある時はチケットの予約が大変ですし、自由に乗り降りすることも出来ないと考えると…

安く確実に移動したい場合や、休憩を挟んでゆっくり移動したい場合には最適なきっぷではないでしょうか。

いろいろとわかったけど、具体的にどう使えばいいの?

青春18きっぷについていろいろと説明してきましたが、では具体的にどう使えばいいのか?ざっくりとですが、3つに分けてご紹介したいと思います。

片道2、3時間ほどの日帰り旅行の移動に使う

使ったことがない方や長時間の移動に慣れていない方は2、3時間くらいの移動がいいでしょう。

例えば東京からなら熱海や伊東などの温泉宇都宮で餃子房総方面で海の幸を堪能するなどグルメスポットへ行くのがオススメです。

また目的地だけ決めて、気ままに途中下車しながら移動するのも良いと思います。

東京・名古屋・大阪間での移動

オススメというよりはこの区間を移動するのに使いたい!という方が多いかもしれませんので、情報をいくつか。

まず、この区間を走ってる東海道本線は都市部を中心に列車の本数が多く、1本逃しても、次の列車を長い間待つという心配が少ないです。(事故などの場合は別ですが…)

また18きっぷで乗れる夜行快速列車ムーンライトながらが東京から岐阜の大垣まで走っているので夜の間に移動することも出来ます。(ムーンライトながらに乗るには別途、指定席券が必要です。)

ただ東京から名古屋まで6、7時間以上、大阪まで9時間以上はかかるので、余裕を持って行動するといいでしょう。

体力や気力の限界になるまで乗る

慣れている方や体力に自信のある方には限界まで乗ってみるというのはどうでしょうか。

ちなみに東京から西への最長は…

東京駅から西へ向かう場合は、東海道本線と山陽本線を乗り継いでいくと、山口県の厚狭駅まで行けた。東京駅の発車時刻は5時20分。厚狭駅の到着時刻は0時1分。日付が変わってしまうけれど、「青春18きっぷ」は0時を過ぎた最初の駅まで有効だからOK。

出典 http://news.mynavi.jp

夜行を使えば九州方面に行くことも可能です。

北の場合は…

上野駅5時10分発の東北本線(宇都宮線)の電車で出発すると、仙台駅に12時16分着。さらに乗り継いで、北上駅から北上線に入り、横手駅から奥羽本線で秋田駅に19時0分着。当日ギリギリまで乗ろうと思えば、21時59分着の大館駅がゴールとなる。田沢湖線経由だと少し手前の東能代駅まで。北上線経由のほうが遠くまで行ける。

出典 http://www.jreast.co.jp

秋田方面のようですね。

最後に…

乗っている時間が長いほどトクをする青春18きっぷ。

1人で旅行するのもいいですし、友達や家族と使うのもいいでしょう。

この夏の帰省や旅行の際に「安く済ませたいな〜」「普通に移動するのもつまらないから何かないかな〜」と思ってる方。青春18きっぷを利用してみるのはどうでしょうか?

この記事を書いたユーザー

シーブックたけのり このユーザーの他の記事を見る

テレビ・芸能・Twitterネタを中心にまとめています。よろしくお願いします。
一応、ライターみたいなこともやっています。
Twitterアカウント@nsbtakenori

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス