きっかけはカフェ店員さんとの会話

とある昼下がり。カフェでフレーバーコーヒーを飲みながら店員さんと会話をしていたところ、「コーヒーに肉をつけて焼いたら香りがつくのか、どうなるのか?」という話になりました。というわけで、さっそく実験してみました!!

コーヒーに肉を漬けて焼いてみたらどうなるのか?

出典 http://ameblo.jp

トンカツ、ステーキ用の豚肉を購入。

一枚をインスタントコーヒーに漬けて冷蔵庫で1時間ほど置き、もう一枚は通常のままにします。

結果はこちら!

通常に焼いたもの

出典 http://ameblo.jp

コーヒーに漬けたもの

肉の厚みに変化が!

両者には肉の厚みに違いがあることがわかりました!ナイフで肉を切るときの柔らかさは、コーヒーに漬けた肉の方が勝っていました。食べたときも油っぽさが和らいでいたように感じました。コーヒーの香りは意外と肉に残っていて、おいしかったです!

同じことを考える人はいるもの

まとめ

コーヒーの香りがあることで、塩気が少なくても満足感を感じました。肉は食べたいけど塩分は控えたいという方には向いているのではないのでしょうか。

また、コーヒーには脂肪を分解する作用があると言われており、お肉の消化も助けてくれるのではないかと思います。

塩分もカロリーも抑えて、肉を柔らかく香りよくしたい時は、焼く1時間ほど前からステーキ肉をコーヒーに漬けておきましょう。挽いたコーヒーをまぶして焼いても、これまた歯ごたえや香ばしさがたまらないおいしさです。

出典 http://www.lifehacker.jp

「ステーキ肉は焼く前にコーヒーに漬け込んでおくとおいしさアップ!」より引用。

みなさまもぜひお試しください!

この記事を書いたユーザー

YUICHI このユーザーの他の記事を見る

いい夫婦netというブログで、夫婦の日常や思ったことを書いています。Blog:http://efufunet.hatenablog.com

得意ジャンル
  • 料理
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス