あなたは愛する人や仕事仲間と、どのようにコミュニケーションを取っていますか?忙しくてなかなか気持ちが上手に伝えられない…そんな方に素敵なお話をお届けします。

大手結婚相談所「NOZZE」の女性社長が明かす感動秘話

出典 http://www.nozze.com

須野田珠美さんは20万人のネット会員を有する大手結婚相談所「NOZZE」の社長として、またファッションブランド「JuviJuvi」のオーナーデザイナーとしても活躍。

ラブラブで幸せな結婚生活を共に築いた旦那様は「早稲田アカデミー」創業者の須野田誠さん。7年前に他界されました。

”長年夫婦をうまくやっていく隠し味のようなおすすめの方法”があったことを、旦那様の命日に須野田社長が懐かしく思い出しました。そして彼女が仏壇にしたこと…感動的なお話なので、ぜひご家庭や職場でのご参考になれば幸いです。

意外なおすすめコミュニケーションツールとは?

ラブラブで幸せな結婚生活ではあったものの、共働き夫婦のため忙しい時は時間的にスレ違うことがよくあった社長夫妻。そんな時に工夫してコミュニケーションの小道具としてよく使っていたものは「ポストイット」だったのです。

ポストイットが効果的な理由♡

何でも口に出してしまうより、ポストイットで心を伝えた方が、角が立たず素直に受け入れてもらえるのでかなり有効的で、且つ友好的でした!

出典 http://ameblo.jp

笑って泣ける心あたたまるエピソードを、参考になるポストイットの使い方や文例と共にご紹介していきますね。

ちょっぴりユーモラスに「ごめんね」を

あやまりたいけど謝るタイミングがなかなか見つからない時は、トイレのドアの目線の位置に、こんな感じに「ポン!」と貼っていたそうです。

思わず笑ってしまって読んだ瞬間からもう許してしまいそう。日本人に足りないユーモアのセンスをこんな風に上手に表現できたら素敵。

小言をいう前に…

ついつい小さな文句をいってしまいそうな時ってありますよね。そんな時もポストイットが大活躍。

亡夫はよく、ご飯をこぼしたのでお茶碗に、こんな感じにポン!「痛いから、わたし、 もう落ちたくないの! ……あなたのご飯粒より。
( ; ; )」

出典 http://ameblo.jp

お子さんにも使える楽しいテクニック。こんな可愛らしい女性、優しいママがいたら家族はみんな幸せですよね。

ホロリと泣ける嬉しい言葉

残業続きの疲れた旦那様が入るお風呂のドアに「ポン!」していたそうです。お風呂に入る前から心がほかほかになりそう。

冷蔵庫のドアにも☆

出典photo by stockvault

冬に冷たい牛乳を飲む夫には、冷蔵庫のドアに、ポン!「冷えは万病の元! レンジでチンしてホットで飲んでね♡」

出典 http://ameblo.jp

べったりそばにいるのに全然自分を気遣ってくれない人より、共働きで時間がすれ違っていてもこんな優しさや気配りをしてくれる人となら、しっかり絆が深まります。

出がけに可愛くお願いごと♡

早く帰ってきてほしい時は靴の先に、こんな感じにポン!

出典 http://ameblo.jp

ポストイットはメモや交換日記よりも、いろいろな場所に貼れるところが効果的です。読む側も「あ、今日はこんなところに!」とサプライズ感で嬉しさがUP☆

枕にもポン!

出典photo by stockvault

なんとなく淋しさを感じた時は彼の枕に、こんな感じにポン!「あなたの枕を抱いて 温めておりました♡」

出典 http://ameblo.jp

何年経っても可愛らしさやけなげさを忘れない女性は、男性に愛されて大事にされます♡さすが婚活のプロフェッショナルですね。

心の言葉を貼りましょう

出典www.sxc.hu

……近くて遠きは、夫婦の仲……言わなくても、わかり合えてると過信せずどうせわかってもらえないと失望もせずどこかユーモラスで可愛げのある方法で心を伝える知恵をもったならダメもアリになる奇跡が起きるかも知れませんよ!

出典 http://ameblo.jp

魔法のコミュニケーションツール

週2回ぐらいの間隔で効果的にポストイットをポンしていた須野田社長。それを剥がした後のご主人の反応を見るのが怖いやら楽しいやらでドキドキしていたそうです。

そしていつの間にか、なんとお忙しい御主人も真似して、忘れた頃に口で言えないことをポストイットでポンしてくれるようになったとのこと!!

いまの時代だからこそ

出典photo by pixabay

デジタルに疲れた人間の心には、温度のあることばの伝えかたが必要。ほのぼのフォーカスできる手法としてけっして、メールではなく、効果的に貼る場所と時を選べる温かみを感じる手書きのポストイットで心を通わせることをぜひ、オススメいたします!

出典 http://ameblo.jp

『夫婦円満にする知恵と能力も仕事の能力と同じ』と須野田社長。職場でも事務的な連絡だけでなく心の言葉を貼ってお互いにいい雰囲気を作ることを推奨しています。

命日に仏壇に「ポン!」

出典photo by エンドライター

あっ、今日もお仏壇に、ポンしましたよ! 「あと40年は生きるから、 天国からの応援よろしくね!o(^_-)O」

出典 http://ameblo.jp

いかがでしたか。幸せな結婚生活や社会生活を送るためには、毎日のちょっとした創意工夫とあたたかいコミュニケーションが大切なんですね。取材で訪れたNOZZEの社員の皆さまがとても楽しそうにお仕事をしているのも納得です。

「どうやって伝えよう」「コミュニケ不足かな」「人間関係を円滑にしたい」と悩んでいる方、さっそく真似してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

エンドライター このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス