アメリカのテキサスにある公園に捨てられていた1匹の犬を動物愛護団体のDallas Dogrrrのメンバー、マリーナさんとミラーさんが保護しようとしていましたが、犬はなかなかつかまりません。

しかしある夜、その犬が吠えははじめました。はじめは病気などが心配されたのですが、どうも人間を呼んでいるようなのです。

犬が導いた先にいたものは…

犬は保護しようと近づくたびに少し離れ、また吠えるのです。まるで「ついてきてください!ついてきてください!」と言っているように。マリーナさんとミラーさんがその後をついて行ったところ、うっそうとした森の中に母犬と生まれたばかりの10匹の子犬たちがいたのです。

母犬は焼け落ちた木の下で子犬を生んでおり、その犬の案内がなければ到底見つけられない場所だったのです。子犬と母犬は弱り、衰弱していました。

犬は助けを必要としている母犬と子犬のもとに、自分たちを助けてくれるであろう人間を導いたのです。

「彼は子犬のところに連れて行ってくれました。彼が伝えたかったことはまさに、このことだったのです。」とミラーさんは話しています。

出典 http://dfw.cbslocal.com

「信じられないことですが、実際に彼は子犬のところに私たちを案内しました。彼がそうしなかったら母犬と子犬たちを救助できませんでした。彼の行動に感謝しています。」と話す愛護団体のメンバー。

出典 http://www.dailymail.co.uk

子犬たちを見守り続ける優しい父親・ヒーロー

母犬と子犬を助けようと行動したこの犬はヒーローと名付けられました。保護された後、ヒーローが母犬のモナと子犬たちを見守ることができるように、一緒の家庭に引き取られました。

ヒーローと子犬たちに血のつながりがあるかどうかは分かりません。その可能性は高いですし、また、そうでなかったとしてもヒーローは間違いなく子犬たちを大切に思っているでしょうし、優しくかしこい父親です。

「私は犬がこんなことをするのを見たことがありません。似たような話は聞いたことがあるけれど、実際には見たことはありませんでした。自分の目で見たその光景は本当に素晴らしかった」とミラーさん。

出典 http://dfw.cbslocal.com

子犬達は大きくなるのを待って、里親さんを募集することになりました。子犬達はみんなかわいらしく、ヒーローのおかげで安全に健康に育つことができています。きっと、幸せに暮らすことができますね。

「信頼できる人間」を連れて行ったヒーロー

自分の身だけでなく、母犬や子犬の命も救ったヒーロー。ヒーロー自身も捨てられた身なので、最初はミラーさん達を信頼できなかったのかもしれません。しかし、子犬が産まれたという非常事態に対処すべく信頼できそうな人間を連れて行ったヒーローは本当に賢く、愛情にあふれた犬です。ヒーロー自身も今は、幸せに暮らしています。

犬の信頼に応えられる人間でありたい

ヒーローが母犬と子犬の危機を察知して助けようとしたことは本当に驚くべきことだと思います。また、子犬たちのもとに連れて行ってもいい人間かどうかを見極めたうえでの行動ととも取れるので、なおさら驚かされます。

こんなにかしこく優しい犬を捨てるなどと、本当に人間は愚かしい。でも、ヒーローの信頼に足る人間が現れたこと、ミラーさん達がヒーローの信頼を得てくれたことをとてもうれしく思います。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

ゆっくり、ゆったり暮らすが目標。
動物保護ボランティアをしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス