記事提供:カラパイア

太古の昔から犬は人と主従関係を築いてきた。DNAに組み込まれたその強固な関係は、例え人間に裏切られ、捨てられてしまった犬ですら、失うことがないようだ。

何度かにわたってお伝えしている、保護された犬が新たなる家族を得た後の変化がわかる、ビフォア・アフター写真だが、今回はそのストーリーも含めながら見ていくことにしよう。

人を信じることを諦めない犬たちは、再び愛情を注がれた時、これまでのすべてのつらい過去を全部洗い流し、その瞳は、新たなる希望に溢れている。

1. ジギー

骨と皮ばかりでガリガリに痩せて怯えていたジギーは、勇ましい犬に変わった。飼い主は彼の品種もよく知らないが、確実に彼を愛している。

2. ヴィンセントとアンジェロ

この2匹はとても仲がいい。発見された当時は一緒だったが、後にカナダのトロント市内で別々に引き取られることになった。なのでたまに会って遊ぶこともあるという。

3. スポーキー

たった1日でここまで変わるのだ。この写真は引き取られる前と後の1日間を撮影したものだ。スポーキーはウェストバージニアの田舎で発見され、今では元気でやっている。

4. ルーシー

引き取られたとき栄養失調で、ほかの病気もたくさん抱えていた。新しい飼い主との生活に慣れるのにしばらくかかったが、今は健康になり幸せそうだ。

飼い主はルーシーが徐々に元気になっていくプロセスを収めたアルバムを投稿している。

5. ウォーカー

ニューヨークシティで発見された。引き取られる以前は過酷な生活をしていたようだ。病気も抱えていたが、良くなると、すぐに新しい家に慣れた。飼い主の家にもともといた犬ブルーノと外で遊ぶのも好きだ。

6. ハーシェル

前の飼い主の友人に引き取られた。その友人は当初ハーシェルをシェルターに連れて行こうとしたが、高齢だと思われて断られてしまった。今は元気で幸せになっている。見るからに以前の写真とは違う。

7. ベラ

新しい飼い主と初めて会ったとき、ベラは引き取ることができる状態ではなかった。しかし、飼い主は決して諦めず、晴れて一緒に暮らせることになった。右の写真はドッグパークで元気いっぱいに走り回るベラ。

8. ミスター・ウィスカー・パーティ

このかわいらしい小さな犬は、シェルターが引き取られた。少し医師のケアが必要だったが、今はとても元気にやっている。

9. アナベル

アナベルは飼育放棄され、引き取られたとき体重が平均より少なかった。数か月たって、飼い主に愛されて、健康な生活に戻りつつある。

10. ポリー

12歳のポリーは耳が聞こえない。移動するのにも苦労している。今は遊ぶのが好きで、元気にやっているという。

11. ブルーノ

ブルーノと飼い主家族はまもなく新しい家に引っ越す予定だ。というのも、ブルーノが順調に大きくなって体重がかなり増えそうだからだ。

12. ジャスパー

引き取られる前はとても神経質だったが、今はドッグパークで走り回るのが大好きだし、なにに対しても意欲的だ。

13. アン

アンは野良犬からお姫さまになった。アンは母親に育児放棄されたが、今はいい家庭に引きとられ、体の大きさも3倍になったという。

14. トビー

海外掲示板Redditは身よりのないこの犬を新しい家庭と結びつける手助けをした。トビーのこの動画を見て、新しい飼い主は州を越えて連絡してきた。その結果、トビーは温かい家庭に引き取られることになった。

15. バンブル

引き取られたとき、深刻な病気を抱えていた。今は彼にとって確実にふさわしい場所を見つけたようだ。

16. エレノア・ピグスビー

町の動物収容所から助け出された。過酷な状況だったに違いない。

17. ミスター・レディ

前の飼い主が引越してしまい、ロスの通りを彷徨っているところを発見された。2時間かけてお風呂に入れてもらい、手厚いケアを受けて、今は愛情をこめて最高のおでぶちゃんと呼ばれている。

名前の由来は保護時は「レディ」と呼んでいたものの、後にオスだったことが判明したため。

18. フィリップ・J・フライ

地元のシェルターが主催したイベント中に、直接温かな手が差し伸べられ、引き取り手が決まった。

19. ピーチ

収容所にいた犬の多くはたいていそうだが、彷徨っていたところを見つかったピーチもいくつかの感染症にかかっていた。幸いなことに、ピーチの新しい飼い主が手厚く世話をしてくれたので、今では健康を取り戻している。

20. ルーシー

ルーシーはシェルターに保護されたとき、車にはねられていたようだった。その医療費のせいで引き取り手は見つからないだろうと思われていたが、現在の飼い主はそんなことは構わず、彼女を引き取って必要な治療を受けさせてやった。

21. ババ

ゴルファーのババ・ワトソンにちなんで名づけられた。里親グループに引き取られたとき、杭にくくりつけられていたという。そのせいか、人間をなかなか信用しなかったが、今はそれも改善され、お気に入りのスポーツチームもある。

22. ビンゴ

最初の飼い主にきちんとした世話をしてもらえなかったことが原因で、片足を切断しなければならないはめになってしまった。

それでも、ビンゴは新しい友だちや飼い主を心底愛する心を忘れなかった。今は、新しい家で元気になって、よく食べ、よく遊んでいる。

出典:mentalfloss

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス