結婚式に出席すると、留袖を着ている親御さんもいらっしゃいますよね。
留袖=結婚式が浮かぶ人もいそうですが、最近では、レンタルして着用する親御さんも増えているのだとか。

ところで、留袖レンタルのあるwebに掲載されている“親子の絆”が話題なのですが、あなたはご覧になりましたか?

留袖着用が親子の絆を再確認する機会になった先輩花嫁たち

留袖レンタル「和匠」のサイト内コンテンツ「母から子へ 私の留袖レンタル物語」に掲載されている母から子へ書かれたメッセージは、結婚式で留袖を着ることを通じ、親が子に改めて伝えたい愛に溢れています。

娘の結婚に望むことは、結婚生活の中で人とのつながりを大事にして欲しいと いうことです。
まわりの人達と、その中でのいろいろな経験が今の私を作ってくれたからです。

出典 http://ewaho.co.jp

娘の結婚に際して、ご自身の経験を通じたメッセージを贈っている母親の言葉は重みがありますよね。

息子夫婦には、いつも夢に向かってエネルギッシュに頑張る向上心を忘れることなく、「成せば成る」の精神を持っていてもらいたいです。
そして、喜び、楽しみながら全ての経験を自分たちの糧にしていく姿勢で、ポジティブに人生を歩んで行って欲しいです。

その過程で培った夫婦の愛の絆こそが、永遠に残る誇るべきものになると思いますし、それが子供や孫の代にまで受け継がれ、子孫が益々幸せに発展していくと思います。

出典 http://ewaho.co.jp

親として、新しい人生を歩む息子に励ましのメッセージを送っている女性もいらっしゃいます。

親御さんが“留袖”という非日常の衣装に身を包むことで、日頃は伝えにくい子どもへの愛のメッセージを伝えやすくなるのかもしれませんね。

結婚に際して、親御さんから励ましのメッセージをもらえた花嫁は、親子の絆を再確認でき、幸せも倍増だったのではないでしょうか。

留袖はリーズナブルにレンタルできる!

ご自身の結婚式には、お母様に留袖を着て欲しいと思っている女性も少なくないはず。
ですが「留袖って高そう…」って悩んでいる人もいるかもしれません。

調べてみたところ、「和匠」のレンタルでは、Mサイズ一式6,800円〜用意されているので、意外とリーズナブルなことに驚いた方もいらっしゃるのでは?

非日常な着物である“留袖”を着ることで親御さんの気持ちも切り替わり、より印象的な結婚式が演出できそうですし、気分もグッと引き締まりますよね。

 和匠では2015年3月下旬に「留袖レンタルに関するお母さん240人アンケート」(40歳以上)を実施しました。

(中略)

「結婚式で着る留袖をレンタルしたことがある」お母さまは53人、全体の22.1%に及びました。また「お子様の結婚式など留袖を着る機会があればレンタルしたい」というお母さまは79人、全体の32.9%に及び、この2つを単純に合計すると132人、55%にもなることがわかりました。

出典 http://ewaho.co.jp

留袖は、購入すればそれなりの価格ですし置き場にも困りがちですが、レンタルだったらリーズナブルに着用できて置き場所に悩む必要もありません。

賢いママは、留袖をレンタルして子どもの結婚式に出席しているようですね。

いかがですか?

これから結婚式をする女性は、お母様の衣装にも頭を悩ませるかもしれませんが、親御さんが留袖を着用する行為を通じ、先輩花嫁&ママたちのように親子の絆を再確認するキッカケになるかもしれません。


最高の結婚式にするために、親御さんにも“花嫁の母”として自覚をもってもらえるのも、留袖のいいところといえそうです。

この記事を書いたユーザー

黄緑きいろ このユーザーの他の記事を見る

Spotlight、by.Sでコラムを掲載するライター。コスメ大好き!お買い物大好き!ひとと会うのが大好き!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス