普段、あまり目にすることがないかもしれませんが、平成25年の環境省の発表によると、日本では年間約14万頭の犬・猫が飼い主不明の状態で引き取られているそうです。その内の多くが殺処分されてしまっている現状があります。

こちらでご紹介するのは、日本ではなくロサンゼルスでの出来事を撮影した動画です。飼い主不明の動物の存在に関しては、アメリカも決して例外ではありません。

出典 https://youtu.be

ロサンゼルス空港の近くに、捨てられてしまったであろう1匹の犬が寂しそうにさまよっていました。

出典 https://youtu.be

そのまま放っておくわけにはいかない、と動物保護団体の方がなんとか犬を引きつけるために餌を与えます。20分辛抱強く待つと少しずつ警戒のレベルを下げて、近づいてきてくれるようになりました。

出典 https://youtu.be

しかし、一度は去ってしまいます。

出典 https://youtu.be

粘り強く追い、餌を与えつつそっと縄を設置して確保をしようと待ち構えます。

出典 https://youtu.be

縄を首につけることに成功!しかし、身の危険を感じたせいか犬は必至で抵抗します。

しかし...

出典 https://youtu.be

思わず目頭を抑えてしまうような、続きはこちら

出典 YouTube

出典 https://www.youtube.com

こちらの動画は『Hope For Paws』という動物保護団体が実際に保護活動をしている様子を撮影した動画でした。世の中の不幸な動物たちが少しでも減ることを願います。

この記事を書いたユーザー

あめんぼ このユーザーの他の記事を見る

しがない大学生です。暇なので、たまに記事を書いたりしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス