敵に塩を送る

出典 http://bhb.co.jp

敵に塩を送るとは、争っている相手が苦しんでいるときに、争いの本質ではない分野については援助を与えることのたとえ。

戦国時代、遠江の今川と相模の北条の両氏から武田信玄が、経済封鎖をされ塩不足で困窮していたとき、長年敵対関係にあった上杉謙信が武田信玄に塩を送って助けたという話に基づく。

出典 http://kotowaza-allguide.com

舞台は2002年ソルトレイクオリンピック

出典 http://www.ryutaro.tv

当時のアメリカは、2001年の同時多発テロの影響で厳戒態勢でした。そんな中アメリカのフィギア・スケート選手サーシャ・コーエンさんが持ち物検査で鞄の中身を全部出しチェックを受けそのまま、競技用のタイツを忘れるという痛恨のミスをしてしまいます。(タイツも鞄の中に入っていました)

彼女がタイツのないことに気がついたのは演技直前だったそう。探すにも新しく手配するにも時間はなく、周りの選手たちに予備のタイツを貸してほしいと頼みますが、誰も返事をしてくれなかったそうです。

出典 http://ameblo.jp

厳しいスポーツの世界。ましてやオリンピックの舞台で他の選手も緊張と不安と期待の中誰もタイツを貸してあげる余裕などなかったのかもしれません。しかし?半泣きで困っていたコーエン選手に救いの手を差し伸べた選手がいました。その選手とは・・・?

村主章枝選手

出典 http://number.bunshun.jp

日本のフィギュア・スケーター村主章枝(すぐりふみえ)選手。村主選手は困っているコーエン選手を見てわざわざ履いてたタイツを脱いで差し出したそうです。この話はフィギア界で美談となり新聞にも載ったので知ってる方も多いのではないでしょうか?

そして、競技の結果は・・・サーシャ・コーエン選手が4位で、村主章枝選手は5位。残念な結果になってしまいましたが、お互い精一杯力を出しきって演技した結果。村主選手は清々しい顔をしていたそうです。それに目には見えない村主選手のフェアプレイには多くの拍手が送られました。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

オリンピックという華々しい舞台と裏腹に緊張感がMAXの状態になっても苦しい立場に立っている相手には手を差し伸べる・・まさに「敵に塩を送った」村主章枝さん。「氷上のアクトレス」と称され豊かな表現力や高速スピンを武器に活躍されましたね。このお話は同じ日本人としてちょっぴり誇らしげに思える素敵なエピソードでした。

ちなみに、テレビのトーク番組に出演した村主さんは、サーシャ・コーエンからタイツを返してもらっていないことに触れ、「早く返してください」と笑いながら語ったそうです。

ご訪問ありがとうございました。

最後に2002年ソルトレイクシティオリンピック村主章枝の演技をどうぞ

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス