起業家、東京都知事選候補者として知られる家入一真さんが、子供とのLINEのやりとりをTwitterで公開。「娘が丁寧すぎる」「やりとりが微笑ましい」と話題になっています。

「本当に親子でしょうか?」と聞きたくなる他人行儀な娘と父。

言葉は丁寧ですが娘が優勢のようです。

今度は息子が登場。

息子かわいい。

父親らしい発言をするも、「知ってる」と一蹴する娘。

猫の可愛さを素直に受け入れられないようです。

また、家入さんは娘さんから送られてくるLINE小説をFacebookで公開したりもしています。一部ですがその小説をご紹介します。

さらに、息子さんがYouTubeで公開した「小学6年が母さんにDVDドライブを買ってもらうために行ったプレゼン」という動画の再生数は70万を超え、ネット上で大きな話題になっています。

小学6年が母さんにDVDドライブを買ってもらうために行ったプレゼン

出典 YouTube

良い意味で親子を意識しないオープンでフレンドリーな関係が、子供の自由な発想を生むのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス