古い農機具や車のホイールなど、不要になったモノを利用して作る彫刻アートを、今までたくさん紹介してきましたが…

今回紹介するのは、ありのままの形を使って作り上げられる“流木アート”でして、自然が作った様々な形の流木を駆使し、ドラゴンや馬、ライオンなどを、見事なまでに表現する“超前衛的彫刻アート”になります。

元々、流木を使用して、家具などを作っていた製作者の“James Doran-Webb”さん。

しかし、現在では世界的“流木アーティスト”として名を馳せており、その作品は高く評価されています。では、とても流木で作られたとは思えない“James”さんの作品の数々。一挙にご覧下さい。

『Rearing Stallion III』

『The Wyvern and Gazebo』

『Tenderness』

『Rough and Tumble』

『Down Gallop』

『A Boar in Flight』

『Leap for Joy』

『Showdown At Richmond』

『The Flying Hound and On The Run』

『A Tawny Owl Landing』

いかがでしたか?

インスピレーションの赴くままに作り上げられた“James”さんの作品の数々。まるで命が宿っているかのような“迫力”を感じたのは…きっと僕だけじゃないはずです。

自然が作るアート『流木』に、新たな息吹をもたらした“James”さんの作品。まだまだ紹介しきれていない作品がたくさんありますので、興味を持った方は彼のHP。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス