猫好きな人なら覚えているでしょうか?昨年5月、飼い主一家の最愛の息子「ジェレミー・トリアンタフィーロ」君(当時4歳)が、私道で三輪車に乗って遊んでいるところ、近所の飼い犬に襲われた際、猫のタラが突撃してこの犬を追い払いました。

近所の監視カメラに、犬に襲われるジェレミー君と、突然どこからともなく俊敏に駆けつけ、犬を払いのけるタラの勇敢な姿が映し出されていました。

まだ幼いジェレミー君。パピー犬に襲われたのは不明・・・

出典 https://www.youtube.com

生後8か月の犬・スクラッピーが突然ジェレミー君の足に噛みつきました。その後、激しく引きづり回そうとする姿が映し出されています。

出典 https://www.youtube.com

画像が見にくいのですが、中央に1本木があります。その左側にジェレミー君がスクラッピーに引きずられているところへ、飼いネコのタラが激しくアタック!

大ケガを追ったジェレミー君は危機一髪で助かりました

出典 https://www.youtube.com

ジェレミー君は左足のふくらはぎに10針を縫うけがを負ったものの比較的軽症で、すぐに回復したとのこと。タラの俊敏な行動のおかげで危機一髪で助かりました!
(※苦手な方のために画像の一部にボカシを入れてあります)

インタビューに応える飼い主一家の動画はこちら

(※ジェレミー君のケガの状態がアップで映し出される場面があります。苦手な方はご注意ください。)

出典 YouTube

猫のタラがロサンゼルスの「年間全国ヒーロー犬賞」で異例の賞を受賞!

6月17日、米ロサンゼルスの動物愛護団体「spcaLA」は、今年で33回目となる「年間全国ヒーロー犬賞」を発表。近所の犬に襲われた子どもを救った勇敢な雌猫・タラが異例の賞を受賞しました。

spcaLAは、これまでの伝統を破り、第33回の年次国民英雄犬Awardを猫に授与しました。7歳のぶち猫・タラは、賞の他、キャットフード1年分を貰いご満悦!

こんなに素晴らしい猫が「国民的英雄犬賞」でなければならない、と選考委員会が決定!

spcaLAの代表が次のようなコメントを発表。

「我々の選考委員会が、こんなに素晴らしい猫が国民的英雄犬でなければならない、と決定したほど、タラの勇敢さと俊敏な行動に感動しました。猫が人間の子どもを救う献身的な姿は、我々が英雄的法令を実行するためにあるとは考えてもみませんでした。」と、タラを称賛。

タラが飼い主一家の元へやってきた!

ここで、タラがトリアンタフィーロ家の一員となった時のことをご紹介しましょう。

「タラ」がトリアンタフィーロ家にやってきたのは2008年。名前はフランスの小説家アレクサンドル・デュマ・ペールの「モンテ・クリスト伯」(1844)の登場人物「ザタラ」(Zatara)にちなんでいるという。

出典 http://www.konekono-heya.com

モンテ・クリスト伯の登場人物「ザタラ」が由来とは。国民的スーパーヒーローになるほどの猫ちゃんですから、名前に恥ずかしくない名声を残してくれました。

タラの受賞は今回が初めてではなかった!

タラの功績をたたえ、さまざまな団体が彼女に賞を贈っている。一例を挙げると、世界最大の猫種団体「Cat Fanciers' Association」(CFA)が「Cat Hero Award」(英雄賞)を、

猫の映像をコンペ形式で紹介するイベント「Cat Vid Festival」が「SPECIAL AWARD FOR CAT ACHIEVEMENT」(特別賞)を、功績を残した犬を表彰する「Exercise Tiger Association」が「Blue Tiger Award」を授与している。

出典 http://www.konekono-heya.com

こんなに多くの賞を受賞!頭が上がりません。

猫は普段まったりとしているようで、実は驚くほど俊足な行動が出来るのですね。自分の2倍もの大きさの犬に突進したタラの姿は、本当に勇敢で惚れ惚れしてしまいます。

栄えあるヒーロー犬賞を授与されるに相応しいスーパーヒーローCAT!これからも、飼い主一家に何かあった時は、タラが救ってくれるのでしょうか。こんな頼もしい猫がいてくれたらいいですね。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス