フィリピンのマニラに来ています。

昨年(2014年)の家族アジア放浪以来のフィリピンです。相変わらず、街からは猛烈なパワーが伝わってきます。街中で、建設工事が行われており、暑さと熱気と、埃と、交通渋滞で、すごいことになっています。

■フィリピン人の友達

昨年(2014年)にセブ島に行った時、5歳だった長男は、現地にたくさんの友達をつくりました。いまだに、当時のことを思い出しては”楽しかった~”と言っています。

うちの長男は、英語がほんの少しできます。セブでは、現地の子が英語を喋っていたので、コミュニケーションが取れていたのです。

あとは、子ども同士なので、一緒に遊んでいるうちに仲良くなった、という感じでしょうか。
(当時の記事はこちら。『セブ島は子どもの島?8人以上の異年齢集団=「天然記念物」を発見!』)

長男にとって、英語がほんのちょっとでも出来るだけで、世界の人とコミュニケーションが取れる、と感じた最初の出来事だったかもしれません。

■なぜ英語を学ぶのか?

フィリピンでは近年、母国語のタガログやセブワノよりも、英語を話すようになってきており、さらに”お金持ちや育ちのいい子ほど、親が英語を話すようにさせている”ようです。

そこで現地の人に、”フィリピン人は、みんな英語が上手だけど、どうやって勉強しているのか?”聞いてみました。

すると”小学校から英語のクラスがあり、英語で勉強するから、誰でも話せるようになる”と言います。

「日本人は普段、英語を使わないの?」と聞かれたので、「日本にいたら全く使わない。フィリピン人はどうして(母国語じゃなく)英語を使うの?」と聞いてみたら、「だって、そのほうが多くの人としゃれべれるでしょ?実際、あなたともしゃべれてるじゃない?」と言われました。

このように英語を学ぶモチベーションは、非常に単純なのです。

”なぜ英語をしゃべるのか?”、それは世界中でより多くの人とコミュニケーションが取れるから。逆に話せないのは、コミュニケーションを拒否している、とさえ感じるようです。

”多くの人とコミュニケーションを取りたいから、英語で話す”、この非常にシンプルな動機こそ、大人にとっての英語学習で一番効果的かな、とも感じました。

子どものうちから、”英語をしゃべれないと友達と遊べない”という環境においてしまうのは、子どもの英語学習では効果的かもしれません。

詳細は、転載元の「おとなになったらよんでほしい」をご覧ください。

この記事を書いたユーザー

吉田和充 このユーザーの他の記事を見る

吉田和充/東京都出身

クリエイティブコンサルタント/クリエイティブコネクター

得意分野は、食や農、遊び、学び、育ち、子どもといった「人の真ん中」に携わる部分。

経営戦略、広報広告戦略の立案、プロデュースや、商品、新規事業開発、海外進出プロデュースなどの企業や店舗、個人の課題解決をしています。

海外のいろんなところに住んで、世界中で仕事をしたい、という中2的妄想を持つ40代クリエイター。

2015年保育士免許取得(←予定!)
2014年次男誕生に際して1年間の育児休暇を取得。
男子2児の父。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス