記事提供:TRiPORT

こんにちは、TRiPORTライターのSeinaです。

私たち家族がシンガポールで生活を始めてからもうすぐ1年。ここで暮らしている中で様々な「驚き」に出会いましたが、その多くは交通機関での出来事でした。公共機関は普段の生活の中でも使う機会が多いので、そうなるのは当然なのかもしれません。

車内に溢れる驚き

大きな声で話す若者、そのままの音量でゲームを楽しむ子供、ベビーカーを自由に動かす母親…。東京の混み合う公共交通機関で日々緊張しながら子連れ移動していた私から見ると、そのあまりに自由な車内には驚きが溢れていました。

なかでも一番驚いたのは「誰もが気軽に、誰にでも席を譲ること」でした。年配の方や妊婦さん、子供連れに限ったことではありません。大きな荷物を持っていたり、連れている子供が小学生くらいでも、なんだかだるそうな顔をしているだけでも

「大丈夫?座る?」

と声をかけて席を譲ってくれることも少なくありません。特にシンガポールに引っ越したばかりの頃、私たち親子は心身ともに疲れていたのでひどい顔をしていたようです。

そのときは随分、席を譲ってもらいました。そのたびに周りの人の優しさが身にしみたことを覚えています。

公共機関の雰囲気の違い

私は日本で子供を産み、赤ちゃんを育てていた時期も日本で過ごしていました。妊娠中や生まれてからの乳幼児を連れた外出は相当緊張しました。なぜなら、どうしても公共機関では乳幼児の言動が目立ってしまうからです。

しかしシンガポールでは赤ちゃん連れ、子供連れであっても緊張する必要はほぼありませんでした。「なぜこんなに違うんだろう」とずっと考えていたのですが、あるシンガポール人の友人に、その答えをあっさりと言われてしまいました。

「電車の席は譲りたい人が譲ればいい。それだけじゃない?」

シンガポールにはやってはいけないと定められた様々な規則があります。タバコのポイ捨てが多額の罰金になるというのは有名な話です。

多民族共存国家ゆえの文化の違いがあるために、明確なルール付けが必要だったからではと私は解釈しています。しかしその規則の中に「公共機関内で席を譲りましょう」というものはありません。

違いは「論点」ではない

「譲れる人が席を譲ればいい」

そこには「ごめん、疲れてるから譲れないの」という気持ちも認められています。

そして「そのときに譲れる人と譲れない人がいる。ただそれだけ」という様々な意味での「お互いの違い」を認め合い、そして「その事実はそのままの形で受け入れればいい」という感覚の違いに驚かされました。

お互いを重んじる、思いやるという日本的な感覚は素晴らしいと思います。しかし、その思いは「こうあるべき論」に暴走してしまうこともあります。

公共交通機関で席を「譲りたい人が譲る」「譲らない人がいても気にしない」という感覚は何だかとても心地よいのです。

シンガポールの公共交通機関で、あなたが席を譲りたくなるような人を見かけたら行動してみてください。もちろん、あなたが譲れる状況だったときの話です。

出典:シンガポールの交通機関

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス