作り置きしておくと、とっても便利な蒸し鶏。

今回ご紹介する「蒸し鶏」は、火を使わずレンジのみ。「これなら作れそうかも!」そう思えちゃうほど簡単なのに、と~~~っても美味しいからビックリ!!!

今回ご紹介する方法で作ると、加熱ムラもなく、全体にしっとり。そして、絶対に失敗しません!その秘密と共にレシピを大公開です!

【材料】

・鶏むね(もも)肉 1枚(300g)

◎砂糖、塩 小さじ3/5(3g)
◎水 大さじ2(30cc)
◎酒 大さじ1
◎片栗粉 小さじ1
◎生姜チューブ 2~3cm

出典 http://ameblo.jp

【下準備】

出典 http://ameblo.jp

1.鶏むね(もも)肉は、皮面からフォークで数カ所刺す。

出典 http://ameblo.jp

2.厚い部分は観音開きにし薄くし、包丁の背で軽く叩いておく。(皮付き・皮なしはお好みで♪)

【作り方】

出典 http://ameblo.jp

1.鶏肉を、ポリ袋やボウルに◎と共に入れ、よく揉み込んでしばらく置く。(10分ぐらい。時間があれば30分以上置くと◎)

出典 http://ameblo.jp

2.耐熱容器に、漬けておいた鶏肉を汁ごと入れ  ふんわりラップをして、レンジ600wで約4分加熱し、そのまま5分放置する。

出典 http://ameblo.jp

3.2の熱が冷めたら、出来上がり。そのまま料理に使ってもよし、保存容器に入れて冷蔵したり、手で裂いて冷凍するのもよし!

【レンジ蒸し鶏を作る時のポイント】

保水効果のある塩と砂糖で鶏肉に水分を含ませ薄い片栗粉の膜でコーティングすること!(砂糖は、お肉の中でコラーゲンと水分を結びつけてくれます)

分量は、胸肉を柔らかくする方法と同じで、水(お肉の重量の10%)、塩(お肉の重量の1%)、砂糖(お肉の重量の1%)。

片栗粉は、鶏肉1枚に対して小さじ1が目安。それ以上多くても大丈夫なのですが、鶏肉の周りにボテっとした塊ができてしまいます。それだと、見た目も食感もイマイチになってしまうので、あまりオススメではありません。

そして胸肉で作る場合、胸肉は厚いので、しっかり薄くすること。加熱がうまくいっていない場合は、レンジから一旦取り出して、表裏両方加熱するのがオススメです。

そして今回は、片栗粉も入れているため水分を多めにと思い、酒を大さじ1プラスしています。肉の臭み取りの目的もあるのですが、もちろん水で代用しても◎。

出典 http://ameblo.jp

火を通しすぎず、余熱で火を通すこと。

出典 http://ameblo.jp

【蒸し鶏の保存】

ポリ袋に入れた状態(レンジにかける前)で、2~3日は保存可能なので、事前に漬けておくと便利!加熱したものは、蒸し汁と一緒に保存。こちらも冷蔵だと2~3日保存可能。

冷凍すればもっと日持ちするので、手で裂いて小分けにして冷凍するのも◎。

出典 http://ameblo.jp

【読者様の感想】

蒸し鶏で、大根&水菜&レタスと、ひじきとパリパリれんこん入りの京風ゆずの粉ドレを混ぜて、サラダにしました。しっとり蒸し鶏は、もう3回目です。簡単で、美味しくて、もう定番化しちゃいました♪ BY みいサン

出典 http://pecolly.jp

蒸し鶏を胸肉でリピート♡グラム55円の胸肉がしっとり柔らかに♡簡単でヘルシー、しかも節約できるなんて素晴らしい。。ヘビロテします(*^^*) BY まるサン

出典 http://pecolly.jp

昨夜作って、今日食べてみましたが、胸肉なのにしっとり…!やわらか…!これは素晴らしいです!!市販のごまドレッシングとキャベツでいただきました〜 BY 41omomさん

出典 http://pecolly.jp

【蒸し鶏を使ったアレンジレシピ】

こちらに、人気の「蒸し鶏」を使った、アレンジレシピを3品ご紹介致します!

《編集後記》

いかがでしたか?

火を使わずに、低コストでできてしまう「レンジ蒸し鶏」。時間がある時に、沢山作っておけば、いざという時に大助かり!

ぜひぜひ、お友達にも教えてあげてくださいね!

《Yuu*のレシピ置き場》

《Yuu*の記事置き場》

この記事を書いたユーザー

Yuu* このユーザーの他の記事を見る

作り置き&スピードおかず de おうちバル 〜yuu's stylish bar〜

作り置き&スピードおかずで
手間なく無理なく続けられるレシピをご紹介しています。

おうちにあるもので
ちょっとオシャレなバル風に♡

目で見て楽しい♪食べて美味しい♪

http://ameblo.jp/leon-himari

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス