記事提供:いいモノ調査隊

キャンプやBBQで食材を持ち運ぶ時に必須のアイテムと言えばクーラーボックス。今回はそのなかでも脅威の保冷力を持つクーラーボックスをご紹介します。

その名も「ハイパー氷点下クーラー」。同シリーズで保冷剤(別売)「倍速凍結・氷点下パック」もあり、それぞれサイズ展開があるようです。

クーラーボックスと保冷剤にそれぞれサイズ展開があります

今回はハイパー氷点下クーラーXLと倍速凍結・氷点下パックXLを使って、炎天下でどれだけの冷却力を発揮できるのか、実験してみました。

XLサイズは約40リットルと大容量です

ハイパー氷点下クーラーに氷点下パックでアイスクリームを挟んで実験です。

この後、アイスクリームの上にもう1つ氷点下パックを乗せました。

1つのアイスクリームは外に置いておきました

ちょうどこの日は雲ひとつない、晴天!外にあるアイスクリームがみるみる溶けていくのが分かります。

2時間後…

外に出しておいたアイスクリームはご覧のとおりの溶け具合です。

予想どおり外にあったアイスクリームは液体状に

そして一方の、ハイパー氷点下クーラーに入れていたアイスクリームは…。

まだ固いアイスクリームのままでした!

わずかな時間の実験でしたが、結果は明らか。冷えたものをあらかじめ入れておいたり、多く入れておいたりすることで、もっとキンキンに冷やしておけそうです。※本来は炎天下を避けて、冷やしておくものです。

そして、こちらのハイパー氷点下クーラー、ファスナーがついていて、コンパクトに収納することができます。帰りもかさばらず持ち帰れるという、何とも親切な作りです。

ファスナーがついていて、折りたためます

冷凍したまま持っていきたい食材や、冷やした飲み物を持ち運ぶ時に、これは便利です!以上、これからの行楽シーンでおススメなハイパー氷点下クーラーでした!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス