歯の詰め物や被せ物が取れても痛みがない場合、ついつい治療を先延ばしにしていませんか?仕事の都合ですぐに歯医者さんに行けない場合もあると思いますが、対処の仕方を間違えると治療期間が伸びたり、費用が高くなってしまうことがあるのです。

詰め物が取れる原因

「虫歯」「歯の変形」「噛み合わせの乱れ」などが挙げられます。なかでも虫歯の場合は要注意。詰め物や被せ物の隙間から虫歯菌が入り込み、かなり進行していることがあります。

うっかり飲み込んじゃった!大丈夫?

取れた詰め物は飲み込んでも通常は便と一緒に排出されるので問題ありません。ただし、飲み込んだ時に咳き込んだり、喉に痛みを感じた時は注意が必要です。気管に入ってしまった可能性があるので、違和感を感じたら内科でレントゲン検査を受けましょう。

内科ではレントゲン撮影を行い、どこに落ちたか確認の上、ファイバースコープを使って取り除きます。

出典 http://hanoblog.com

取れた詰め物を戻さない・接着剤でつけない

取れた詰め物を自分で補修するのはやめましょう。食事中にあやまって飲み込んでしまったり、かえって歯の状態を悪くしてしまうことになります。

外れたものをご自分でアロンアルファなどの接着材で付けてしまったという例がありますが、これは絶対にやってはいけないことです。 単純に瞬間接着材が体に悪いからという訳ではなく、今後の歯の状態に多大な悪影響を及ぼすためです。 

出典 http://www.miyatadc-mita.com

見た目が元通りになっても、実際は歯に雑菌を閉じ込めていることになります。口の中にはどんなに清潔にしてもたくさんの雑菌が存在しています。家庭で適切に処置するのは不可能だと思ってください。

瞬間接着剤は歯科医院で使用しているセメントとは違います。きちんと付けても水に溶けてしまうので、空洞ができて中から虫歯になるのです。接着剤で付けた詰め物を取る時は詰め物を削り取ります。

接着剤の成分が歯に浸透してしまうと本来削らなくていい歯まで削ることになるので、接着剤は絶対に使用しないでください。
取れた詰め物は変形しないよう、しっかりした容器に入れて保管しておくのがベスト。

歯科医院に持ち込めば消毒してそのまま取り付けられる場合もあります。治療する際の情報にもなりますから捨てずに保管することをおすすめします。

日常生活で注意すること

・よく歯を磨く

・詰め物が取れた歯で噛まない


・熱い・冷たいなど温度変化があるものを飲食しない

詰め物が取れた部分の歯は柔らかい象牙質が露出しているので虫歯になりやすい状態です。隙間に食べカスが詰まると歯茎を圧迫し、炎症を起こします。鏡を見ながら丁寧にブラッシングするようにしましょう。

本来、人間の歯は石や鉄よりも硬いものですが、詰め物が取れた歯は脆くなっているので、ヒビが入ったり、割れたりすることがあります。硬いものは絶対に食べないようにしてください。

歯が割れてしまうのは深刻です。最悪の場合は抜歯することになります。象牙質が露出した歯は知覚過敏になっている可能性があるので、熱いもの・冷たいものの飲食も控えたほうがいいでしょう。必要に迫られた時は詰め物が取れた歯の反対側を使うようにしてください。

時間経過による歯の状態の変化

・1~2週間:虫歯は進行しない

・1ヶ月~:初期虫歯が発生


・3ヶ月~:歯に穴が空く


・半年~:歯が欠ける


・それ以上放置した場合:抜歯が必要になる場合がある


個人差はありますが、最長でも1ヶ月以内に歯医者さんへ行ってください。取れてから時間が経つと歯が動いてしまったり、虫歯を進行させてしまいます。

早めに治療を受ければ詰め物を再装着することができたり、手間と費用を抑えられることにもなります。一日も早く受診して健康な歯を守りましょう。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら