記事提供:空間心理カウンセラー 伊藤勇司オフィシャルブログ

先日結婚5周年を迎え、今日は父の日ということで

妻ともうすぐ3歳になる娘が、手作りのうちわに絵を描いてプレゼントしてくれました。

結婚して5年。妻と出逢ってもうすぐ12年。

その中で紆余曲折も沢山ありました。

その度に真剣にぶつかり合って今日がある訳なのですが

振り返ればケンカの原因はすべて

「摩擦を避ける」

ことからきていました。

私が妻に本音を語らずに、気を遣って言わない事があるのが全ての原因。

心を扱う仕事をしていると完璧なコミュニケーションを取れるように思われるのですが

そんなことは決してありません。

むしろ、人一倍コミュニケーションが不器用なくらい。

妻と出逢って12年目になりますが、最初はサイボーグだと言われていましたからね…笑

ただ、そんな不器用な自分だからこそ、心についてを繊細かつ真剣に向き合うことは常に行ってきました。

妻との様々な衝突を経て結婚5周年を迎えて改めて感じること。

それが、ダイヤモンドの原石も

【互いに摩擦し合って】

永遠の輝きが生まれるように

夫婦も真剣にぶつかって摩擦し合うからこそ美しい関係性が育まれるのかもしれません。

今日はこれまでの自分を振り返りながら

【ぶつかって、摩擦し合うから、美しい関係性が生まれる】

ことについて、さらに詳しくメルマガで執筆をしました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス