夏の味覚の王様といえば、とうもろこし!茹でてもよし、焼いても美味しい、とれたての黄色に輝く粒を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか?

しかも、今年はとうもろこし界からの新たな刺客、“麻薬とうもろこし”でキメている人が多いのだとか…。物騒なその食べ物の正体とは?

夏だ!海だ!とうもろこしだ!

トウモロコシで感じる夏!

粒がつやつやしていて、ホントにおいしそう!!

夏の味覚といえば、やっぱり「とうもろこし」!甘~いつぶつぶは子どもから大人までみんな大好き。焼いたり、炒めたり、あるいは揚げても美味しいとうもろこしですが、実は今年は“麻薬とうもろこし”なるものが注目されているのです。

その正体とは…。

出典 https://instagram.com

怪しい粉末のかかったとうもろこしを頬張る女性たち…。

出典 https://instagram.com

小さな子どもが食べてるっ…!?

その麻薬とうもろこしがコチラ!

串に刺さったとうもろこしの上にクリームソース!?実はコレ、韓国の屋台やカフェで今ブームの食べ物なのです。ちなみに韓国では、やみつきになる味のことを麻薬と呼ぶそうで、物騒な食べ物ではもちろんございません!

トウモロコシにたっぷりかかっている粉がチーズ味と、あとは何だろ?何かブレンドでもしてあるのかな。もちもちしたトウモロコシにピッタリでやめられない、止まらないのです^^;

出典 http://bomul.blog72.fc2.com

甘いとうもろこしにチーズとチリパウダー…♡まずいわけ、ないじゃないですか!!

出典 https://instagram.com

「麻薬トウモロコシ、作ってみた」

茹でたトウモロコシとクリームの味わいにやみつきになる人が続出しています。なんと実際に“麻薬とうもろこし”を作った方も!

このレシピはとっても簡単なので、お家でいつでも作れるのも魅力です。

クリームのコクとチリパウダーのピリッとしたアクセントがたまらないひと品。ビールともピッタリなので、友達を呼んで家呑みするときにもサッと作ると喜ばれそうです。

この夏は、クリーミーな“麻薬とうもろこし”でキマリ!

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス