これまでたくさんの“ハイパーリアリズムアート”を紹介してきましたが…

今回紹介するハイパーリアリズムアートは、なんと、あの身近な“クレヨン”を使って描かれるハイパーリアリズムアートでして…

今にも動き出しそうなほどリアルな絵を描くのは、スペイン、セビリアを拠点として活動しているアーティスト“Ruben Belloso Adorna”さん。

息遣いまで聞こえてきそうなほどリアルな絵。これがクレヨンで描かれているなんて本当に信じられませんよね。では、度肝を抜かれる…写真のような絵画作品。一挙にご覧下さい!

すでに多くの人から“21世紀の天才”と呼ばれている“Ruben”さん。これは納得せざるを得ません。

ハイパーリアリズムアートの世界でも、特に注目されている“Ruben”さんの作品の数々。興味を持った方は彼のFacebook、覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス