記事提供:カラパイア

「大切な親友にさよならを言うのは、そう簡単なことではない」。

唯一無二の親友がいた。4本足の親友は常にそばに寄り添い無償の愛で支えていてくれた。ステージ3の癌と告げられ、闘病生活を続けていた時も、その親友は病院のベッドの上で励まし続けてくれた。

この動画は、アメリカ在住の写真家ベン・ムーン氏が今は亡き、愛犬デナリとの思い出をつづった追悼ショートフィルムである。

ベン・ムーン氏がデナリと出会ったのは16年前のことになる。後にムーン氏のベストパートナーとなるその子犬は、動物保護施設でちょこんと座りながら里親を待っていた。

デナリはベンに引き取られ、二人は一緒に山登りに言ったり、星空の下でキャンプをしたりと、楽しい時を過ごしながら絆を育んできた。

ところが、ある日突然ベンに病魔が襲う。彼は、ステージ3の癌と診断された。ベンが抗癌治療を受けている間、デナリは病院のベッドの上でぴったりとベンに寄り添い見守りつづけた。

デナリの献身的な愛に支えられ、ベンはなんとか癌を克服することができた。しかし、今度はずっとベンの回復を見守ってきたデナリが癌と診断されたのだ。

出典 Vimeo

獣医に告げられた言葉は重かった。デナリの余命は1ヵ月。今度はベンが、自身の闘病生活を支えてくれた愛犬を支える番だった。

ベンとデナリはアウトドアが大好きだった。ロードトリップをしながら暮らす彼らにとって、帰る家とは自然に囲まれた場所だった。ベンは、デナリが最後の家に帰れるように、遠く離れた大自然へデナリを連れていった。

この映像作品は深い絆で結ばれた愛犬に捧げるベンの想いが込められたものである。いつまでも耳に残る波の音、海辺を駆け回る4本の足、彼らの絆は永遠に消えることはないだろう。

映像内でベン・ムーンが語る言葉は、愛犬デナリに成り代わって語ったものだ。

ベンは僕が死ぬことを分かっている。

それが癌のせいなのか、それとも他の理由によるものなのかは分からない。今、僕はベンと一緒に、これまでに行ったことのある全ての場所をまた訪れている。

ベンはしきりに僕の体を観察してくる。僕の様子を気遣ってくれているんだろう。そして、こないだ僕にこう言った。「行く準備ができたら、教えてくれよ」と。僕に苦しい思いをさせたくないとも言った。

ベンと一緒に生涯を過ごせて本当に楽しかった。

彼は写真家だ。都市にいるのはあまり好きじゃないらしい。だから、僕らはいつも旅をしていた。彼の友達に言わせると彼は「自由な精神」の象徴みたいなものだという。

いろんな所でキャンプをした。彼の恋人探しも手伝ってあげたし、サメに会いにも行ったし、一緒にヨガもした。彼は僕がキスをすると喜んだ。有名人とも一緒に遊んだんだ。砂漠でセーリングもしたこともある。

自意識過剰だった時期もあったかもしれない。僕はとってもカッコイイんじゃないかって。

それに気づいたベンは、僕にも生活のために仕事をしろって言うんだ。人間が作った変な衣服。

最初は、こんなものを着せられ屈辱的だと思ったけど、みんなが「似合う」とか「素敵」とか言うから、そのうちこれもアリかなって思うようになってきた。

でも仕事は想像してたより大変だった。カメラが並ぶスタジオの中で、愛情のこもったキスをしろと言われても、どうしても安っぽくみえるだろ。それでも… あの頃は楽しかったな。

大抵の人は、老犬を家から連れ出さない。でも、ベンは違った。僕をもう一度思い出の詰まった場所に連れて行くと決めたみたいだ。僕の側から離れられないと感じたんだろうな。

10年前、ジョシュアツリー国立公園(米国、カリフォルニア州)でキャンプをした時のことだ。キャンプファイヤーをしていると、ベンが突然立ち上がり、そして倒れた。辺りを血の匂いが包んだ。彼は血を流していた。

それから事態は一変した。

ベンは癌を治すために化学療法を受けていたが、逆に抗ガン剤が彼を殺しているようにも見えた。ベンを舐めると、彼からは血から染み出た化学薬品の味がした。

僕をこの病院から連れ出そうとするなら、相手が誰であれ顔に噛み付いてやる。僕はベンの側にいたいんだ。

ベンが生涯、胃に取り付けられたビニール袋に大便をしないといけない、と知った時は気の毒に思った。だって彼はすでに僕の大便もビニール袋に入れるという使命があったから。

でも一番つらかったのは、保険会社から届いた一通の手紙だった。目ん玉飛び出るほどの請求額。その時僕は最高の夢をみた。

僕に狂犬病があり、その保険会社に忍び込み、鎮静剤で眠らされる前にできるだけ多くの保険会社の人間に狂犬病を広める夢だった。

癌がベンから去ってくれて本当に嬉しかった。もし彼がいなかったら、と考えると今でも怖くなる。

この一週間、僕は彼のためにも弱音ははかないと決めていた。ベンも最悪の事態が訪れたとき、弱音ははいていなかった。

最後の夜はとても穏やかだった。お腹もすいていなかった。だからベンに告げたんだ「準備ができたよ」と。その夜、僕は一晩中、彼の胸の上で眠った。

翌朝、目が覚めるとベンが獣医が待つ車まで運んでくれた。その時、彼が「カラスに襲われた」とだけ言った。

人間は犬からたくさんのことを学べると言った天才的な科学者がいた。そいつは、愛するものがドアを開けて入って来るとき、例えそれが一日に5回であろうとも、毎回全身で喜びを表現するべきだって言ってたな。

確かに自分は、ベンがドアから入ってくるその瞬間、うれしくてうれしくて、全身でその喜びを表現してたっけなー…

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス