運動会の定番競技『障害物競走』。最近では、「障害」という二文字が、差別的意味に捉えられるとして「興味走」に変更されているようですが、今回紹介するのは、そんな障害物競走を“訓練の一貫”として取り入れている、チリの兵士達の姿でして…

おそらく、なにかの大会だと思われる動画には、今までに見た事がないようなスピードで、障害を乗り越える兵士達が映っています。

最初の障害『ハシゴ登り』。すでに、難易度が高すぎると思うのですが…

0.1秒を競うハイレベル障害物競走。呑気にハシゴを降りている場合ではありません。

続いて、こちらも障害物競走の定番である『網くぐり』。今回は網くぐりならぬ、紐くぐりですが…

兵士達。スピードを落とすことなく…まるで走っているかのように駆け抜けます。

そして、おそらく一番の難易度を誇るであろう、独特な障害も…

ピョンピョンと…

ジャンプで乗り越え

余裕でクリア。これは凄すぎです。

では、これぞ世界レベルの障害物競走だ!と言わんばかりの…チリの兵士達によるスーパー障害物競走。ご覧下さい!

出典 YouTube

マジデ(゚Д゚)ハンパネェ!!!

障害を障害だと、全く思っていないかのような身のこなし。もし、オリンピック競技に“障害物競走”があったのなら、きっと、チリ代表が金・銀・銅を独占するに違いないでしょうね。

今までに見たことがないハイレベル障害物競走。以上、『世界最高峰の障害物競走!?チリの兵士達による障害物競走がハンパじゃなかった!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス