Casio(カシオ)といえば、時計やデジタルカメラなどを扱う日本の電機メーカーですが、そんなCasioのFacebookアカウントが6月15日にシェアした1枚の写真が話題になっています。

泥まみれのカシオの腕時計

この泥まみれのカシオの腕時計が一体なんなのかと言うと…

なんとこの腕時計、オーナーのToby Wagstaff(トビー・ワグスタッフ)さんが20年前になくしたものなんです!

本人が投稿した内容

This is my watch from which I lost when I was 6 or 7 ........ 20 years ago. It was found after part of my parents garden was revamped. It is running about 7 minutes slow and the backlight doesn't seem to want to light up but other than that it's fully working. Where do you forge these things.... Mordor?

出典 https://www.facebook.com

この腕時計は6歳か7歳のときになくしたものなんだ…ってことは20年前。両親の庭をリニューアルしているときに見付けたんだ。7分くらい遅れているのと、バックライトが点かなかったくらいで、それ以外はちゃんと動いているんだ。これ一体どこで作ってるんだ…モルドールか?

※ちなみに「モルドール」は指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)に登場する国名で、壊れない指輪が作られた場所ですね。

Facebookにはこんなコメントも

CASIOさん、これ無償手入れ、新型贈呈、CM起用ですよね?

出典 https://www.facebook.com

CASIOさん、彼に広告費出してあげて(笑)

出典 https://www.facebook.com

たしかにこれは良い宣伝になりましたね。

ちなみにこの腕時計…

1991年に発売されてから世界中で莫大な販売量を記録している「Casio F91W」というモデルで、日本国内では長らく正規販売されていませんでしたが、2013年10月に販売開始。希望小売価格は2,900円(税別)となっています。

ここまで長持ちするうえに、頑丈でこんなにお手頃価格なら購入を考えてしまいますね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス