珍しい四つ子ちゃん誕生

出典 http://www.dailymail.co.uk

イギリスのマンチェスターに住むカタリーナ・マーティン(28歳)とマシュー・デイビスの間に、今年の2月、四つ子が生まれた。イギリスでは、双子、三つ子、四つ子は、確率的にさほど珍しいことでもない。

しかし、この四つ子は違った。それぞれ別々の受精卵から生まれたのである。これはイギリスの医学上初の出来事で、周りはみな驚きを隠せない。

70万人に1人の確率

出典 http://www.dailymail.co.uk

カタリーナとマシューの間には、それぞれ前のパートナーとの間に子供がいる。しかし、どうしても彼らの間に子供が欲しかった。しかし、カタリーナは多嚢胞性卵巣症候群を患っており、医者から自然妊娠は難しいだろうと言われていた。

不妊においての多嚢胞性卵巣を最も簡単に説明すると、卵巣内に卵胞がたくさん存在するものの、卵巣の表皮が硬く厚くなってしまい排卵が難しいということです。

多嚢胞性卵巣とは、卵巣が腫れてその中に多数の嚢胞がある病態を指し、多嚢胞性卵巣の9割の人に排卵障害があるといい、また排卵障害の人の20~40%が多嚢胞性卵巣症候群であると言われています。

出典 http://ikujizubari.com

カタリーナはまさに奇跡の妊娠をしたのだ。

出典 http://www.dailymail.co.uk

医師から妊娠しにくいと言われた数カ月後に、妊娠が発覚。帝王切開で2月に出産した。今回生まれた四つ子は、別々の受精卵から生まれた子供なので、個性も顔立ちも全く違う。写真で見ると4人とも似ているように見えるが、成長すると変わってくるのだろう。

「一度に忙しくなっちゃったわ!」

出典 http://www.dailymail.co.uk

パートナーとの間に子供が欲しいと切望していたカタリーナ。四つ子を妊娠していると知った時には驚いたという。「まさか、と思ったわ。それにイギリス上記録的な四つ子なんて、信じられない!」

将来が楽しみ

出典 http://www.dailymail.co.uk

帝王切開で生まれた四つ子たちは、女の子が二人、男の子が二人だ。アメリア、ソフィア、アストン、ローマンと名付けられた。こうして見ている限り筆者には、誰が誰だか見わけがつかない。

イギリスでは、毎年、三つ子や四つ子が生まれる。しかし、これまで全く別々の受精卵から生まれた子供はいなかった。たいてい、一つか2つの受精卵から生まれたものである。今回の奇跡的な妊娠と、確率的に非常に珍しい四つ子の出産は、最近暗いニュースばかりが目立つイギリスに、明るい話題を届けてくれた。

今後もすくすく健康にこの四つ子ちゃんたちが育ってくれることを願う筆者である。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス