記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。

実は、小さい頃に覚えた味覚は、その後大人になるまでずっと影響し続けている、というのをご存知ですか?つまり、今お子さまが食べている食事の味付けが、味覚を形成する上でとても重要となるのです。

人間の味覚は、生まれる前から発達しており、出産後も高度に発達し続けます。特に新生児は、味に対する反応が強く、舌に存在する味を感じ取る役割の「味蕾(みらい)細胞」の数は、なんと成人の1.3倍もあります。

そのため、子どもの味覚は、大人と比べてかなり敏感です。大人が好む味付けは、子どもにとってかなりの刺激になっている可能性があります。

味覚には「甘味」「酸味」「苦味」「辛味」「うま味」の5つが存在し、それらが合わさって、総合的に「味」として認識されます。そんなさまざまな味を経験する事で、味覚は成長していきます。特に3歳頃までの子どもに、いかに多くの味を経験させるのかが重要といわれます。離乳食を通して子どもの味覚を育てていく事が重要なのです。

濃い味付けのものは、味覚を鈍らせる

どもの味覚を育てるために大切なポイントは、「小さな頃から濃い味を覚えさせないこと」です。

濃い味付けは味覚の発達を妨げます。
味付けは薄味からスタートし、さまざまな食材を使うように心掛けましょう。また、市販の子ども用ジュースやお菓子の味も、一度お母様が確認しましょう。

その時に、お母様が「美味しい」と感じた食べ物は、味付けが濃い可能性があります。これらの食べ物は、できれば与える月齢をなるべく遅くするのが良いでしょう。

加工食品、ジュース、野菜不足に要注意

野菜不足や毎日ジュースを飲んだり、ファストフード等の加工食品を食べてばかりの子どもは、味覚の発達が鈍くなります。

この状態が続くことで、さらに味の濃い食べ物を好んだり、食事の量が増えてしまったりと、食生活の乱れや生活習慣病につながる恐れがあるのです。

また、塩分の取り過ぎは、子どもの腎臓を悪くしてしまう可能性もあります。

まとめ

お子さまが元気に成長して、食べ物を美味しく味わっていけるように、味覚を豊かに育ててあげましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス