テイラー・スウィフトがアップルが6月30日から本格開始する定額制音楽ストリーミングサイト「Apple Music」で最新アルバム「1989」を配信しないことを発表しました。

一体、何があったのでしょうか?

アーティストは3ヶ月タダ働き?

「Apple Music」ではユーザーは3ヶ月無料トライアルを利用できるのですが、なんとAppleはその期間、権利者にロイヤリティを一切払わない計画だというのです。

テイラーはTumblrのオープンレターでストリーミングを拒否した理由を詳しく語っています。

「アップル社は私の作品の販売と私とファンをつないでくれる最も素晴らしいパートナーであり、今までも独創的な技術革新をしてきてくれたことに対して尊敬している」

出典 http://abcdane.net

このように前置きをした上で、ロイヤリティが支払われないことには強く反発。

5枚目のアルバムで自分のことは大丈夫だし、バンドやクルーやスタッフはライブツアーでまかなえるので"問題はない、しかし新人アーティストがやっとレコードデビューをできたのに、3ヶ月、ロイヤリティ(著作権料)をもらえないのはおかしい。

出典 http://abcdane.net

自分はお金にならなくても問題ないけれど、低予算のアーティストや新しい音楽を休みなく作り続けているプロデューサーが無償だなんて許せないという思いで立ち上がったのです。影響力のあるテイラーが発言すればAppleも無視はできません。

以前カニエ・ウェストにストリーミングを持ちかけて断られているAppleは、テイラーからも不信感を持たれてしまい、スタート前から何やら怪しい雲行きに・・・。

Apple側の主張

トライアル期間のロイヤリティを補填するために、トライアル終了後は他のストリーミングサービスよりも高い料率を払うとしています。

しかし、Spotify等は70%程度であるのに対し、Appleは最高73%とわずかに高いという程度でしかなく、低予算のアーティストはトライアル無しで70%の総額をもらうより少ない金額しか受け取れないのです。

トライアル期間で長期的に年間120ドルを支払ってくれるユーザーを獲得すればロイヤリティも増えるとのことですが、CDよりもはるかに高額な金額を継続して支払うユーザーがどれだけいるのかという疑問があります。

ゼロ印税トライアルの問題

ゼロ印税トライアルが世界標準になれば、誰かが新しいサービスを試行するたびにアーティストが犠牲を強いられることになります。

業界がダウンロード販売に代わる安定した収入源を得るために必要だという見方もありますが、それでは一部の著名なアーティスト以外、音楽活動を続けられなくなってしまう恐れがあるのです。

Appleが(Spotifyのような広告ベースのサービスではなく)有料のストリーミングサービスを提供することは素晴らしいと思います。(中略)また、この素晴らしい企業が無料の3カ月間、アーティスト、作詞作曲家、プロデューサーに支払うだけの十分なお金を持ち合わせていることも知っています

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

「Appleがこのポリシーを変更し、この件で大きな影響を受けるであろう音楽業界の人々の気持ちを変えることはまだ可能だと、敬意を込めて提言します。私達はiPhoneを無料にしろとは言いません。どうか、私達に音楽を無料にしろと言わないでください」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

テイラーの声がAppleに届いた!

「アップルは、アーティストにいつもきちんと支払されるよう対処する。#iTunes #AppleMusic」

出典 http://www.gizmodo.jp

「#AppleMusicは、ストリーミングに対してアーティストに支払する。それは、ユーザーの無料トライアル期間中でも同じこと」

出典ww.gizmodo.jp/2015/06/apple_music3.html

両者の溝が埋まらないままサービス開始の日を迎えるのかと思われましたが、テイラーの声はちゃんとAppleに届いていました。上級副社長のエディー・キュー氏が、自身のツイッターでテイラーの手紙に返信してくれたのです。

アーティスト達を守りたいという思いが通じて本当に良かったですね!

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら