アーセナルとの契約が解除となり、新たな移籍先が決まった宮市亮選手(22)。最近結婚が報じられ、高校時代からの同級生と結婚したピュアラブぶりも話題です。

移籍先も決まってホッと肩を撫で下ろしているサッカーファンが多いのかと思いきや、彼の移籍先があまりにもカオスすぎて、宮市選手の身が案じられています…。

気になる…。

22歳には刺激の強いチーム…?はて…一体どんなチームなのでしょうか。

FCザンクトパウリ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

移籍先は、ドイツのブンデスリーガ2部のFCザンクトパウリ。選手を見ても特に変わったところはないですよね…。強いて言うならチームカラーが茶色(と白)ということくらいで…。一体何がそんなに心配なのでしょう。

元会長のコーニー・リットマン氏の癖が強い

出典 https://www.taz.de

「ザンクトパウリ」と調べると出てくるのがコーニー・リットマン(Corny Littmann)氏。2003年から2010年まで、このチームの会長をしていたようなのですが、なんと申しましょうか…漂う「アウト感」が否めません…。

…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

アウトーーーーー!

偏見はなくても、「クラブチームの会長」だと言われると、ちょっとザワザワする気持ちはわかります…。(ドイツの演劇監督、俳優、監督、LGBT活動家とドイツのWikipediaにはありました)

でも現在は違う方(Stefan Orth氏)のようですし、一安心…!?

ホームグラウンドが歓楽街・レーパーバーン付近にある

出典 http://www.gettyimages.co.jp

世界的に有名な歓楽街「レーパーバーン(Reeperbahn)」の近くにホームグラウンドがあるそうです。いわゆる街中にサッカーチームがあるのは珍しいですね。行ったことがないので詳しいことはよくわかりませんが、日本で言うところの新宿歌舞伎町にホームグラウンドがある…みたいな感じでしょうか。

大人の階段上りすぎそうで心配…。

食べられちゃうって誰に?何を?(興味)

出典 http://smg.photobucket.com

他の選手と一緒に街に繰り出すこともあるでしょうし…ちょっと心配ですね…。

熱狂的なサポーター

出典 http://www.badische-zeitung.de

まるで映画から飛び出した…というか、まんま『スクリーム』ですが、こちら列記としたサポーター。

出典 https://twitter.com

…なんだか過激そう…。

宮市選手にはここのサポーターは過激すぎるのではないかという心配もあるようですね…。

チームのシンボルマークがドクロマークという時点でもう既に珍しいですが、こちらのマークは『トーテンコプフ』と呼ばれるマークで、今やチームロゴよりもこのドクロマークのほうが主流になっているそうです。なんだかちょっとかっこよく思えてきた…。

出典 YouTube

動画で見てみるとそこまで恐怖感はなかったです。むしろサポーターがオシャレでかっこいい!

ファンショップ

出典 https://commons.wikimedia.org

こちら、スタジアムに隣接しているファンショップ。外観はとても怖くて入りたくないですが、行った人の話によるとお洒落なセレクトショップのような雰囲気」とのこと。にわかに信じがたい…。一体どんなグッズが売られているのでしょうか…。

グッズがかっこよすぎる!!

出典 http://www.fcsp-shop.com

ある意味予想通りではありますが、ドクロマークがあちらこちらに。でも、素直にカッコイイ…。

Jリーグでも、有名ブランドとコラボしたグッズを出しているチームもありますが、ここまでファッション性に優れたグッズを出しているチームはなかなかないですね。(好き嫌いは別として…)どおりでサポーターがオシャレに見えたわけだ。

食パンにだってドクロマーク!

出典 http://www.fcsp-shop.com

グッズは身につけられるもの以外にも、こんなトースターまで売られています。何とも言えない朝を迎えられそうです…(苦笑)

出典 http://www.fcstpauli.com

とまぁ、ここまでちょっとこのチームの気になるところをあげてみましたが、いかがでしたか?

チーム状況もあまりよろしくなく、一抹の不安はあるものの、来シーズンも苦戦を強いられるだろうことを見越しての補強であるようなので、彼の手腕(?)の見せ所というところですね。

「Jリーグに来ないのかよ」という声も多かったですが、私は逆にこのチームにとっても興味が湧いて、ここでどんな宮市亮になるのか楽しみになってきました。とりあえず見守りましょう…(でも、奥さんが心配です…)

この記事を書いたユーザー

のぶろんそん このユーザーの他の記事を見る

寝ても覚めても猫・猫・猫♥異常なまでの(?)猫愛を生かした猫記事を中心に書いています。根っからの猫好きさんはもちろん、猫に興味がない人までも猫好きにできれば本望です。猫もネコもだいすきです^^^^^

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス