出典 https://www.flickr.com

記事提供:ならいごとキッズ

子育てに正解はないと言いますが、今のやり方が子供に将来どんな影響を及ぼすのか、いろいろ考えたら心配になってきますよね。

今回は、2世タレントと言われる芸能人の例を挙げて、その子育て方法を見てみます。そこに育児のヒントが隠されているかもしれませんよ。

関根麻里さん

タレント・関根勉さんの娘さんである麻里さんは、好感度の高い2世タレントという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

元気ハツラツでいつもニコニコ。性格の良さを感じさせる雰囲気を持ちながら、アメリカの大学を飛び級で首席卒業という経歴も好感度を高めています。

お父様の勤さんはどのように麻里さんの子育てをされてきたのでしょうか?

麻里さんが生まれるとき、勉さんは子供に何ができるかを考え、『生きていることは素晴らしい、面白いことだ』ということを伝えようと決めたとか。

子供を笑わせることを心掛け、こまめにコミュニケーションを取ってきたようです。笑いが絶えない明るいお家が想像できますね。

ちなみに、関根家ではお父さんもお母さんもお互いを立てていたようです。夫婦仲の良さは、やはり子供にいい影響を与えるのですね。

麻里さんを笑わせることに徹していた関根さんですが、時には真剣に「何があってもパパは味方である」ことを伝えたそうです。

子供が悩み事にぶつかったとき、それをひとりで抱えないように安心感を与えることはとても大切。安心感があると、子供は自分で歩いてみようという気になるものです。

麻里さんはインターナショナルスクール出身ですが、本人が親に転学を懇願したというエピソードがあります。

世界を紹介する番組のファンだった麻里さんは、この番組のレポーターになるためには語学力や知識や感性を高める必要があると、インターナショナルスクールで学びたいと考えるようになります。実際、転入後は勉学にいそしみ、好成績で卒業しました。

押しつけではなく、本人の意欲を親御さんが認め、フォローして成果を得た例だといえるのではないでしょうか。

すみれさん

ファッションモデルのすみれさんは石田純一さんと松原千明さんの娘さんです。ハワイ育ちならではの堪能な英語力と明るいキャラクター、抜群の歌唱力で人気ですよね。

しかし、すみれさんの家庭環境は複雑なものでした。

父親の度重なる浮気はたびたびスクープされ、それを追う報道陣が連日自宅に押し寄せ恐怖を覚えたと話しています。スキャンダル報道が原因で、学校でいじめに遭ったことも。子供ながらに大きなストレスを抱えていたと想像できます。

すみれさんへの影響などを心配し、彼女が7歳のとき、お母様である松原千明さんはハワイへの移住を決めます。

ハワイの風土も合っていたのかもしれませんが、パパラッチから逃れることができ、精神的にもいい影響を与えてくれたのでしょう。9歳のとき両親は離婚しますが、新しい家族とともにのびのびと成長したすみれさんは、日本にお母様と戻り、芸能や舞台の世界での力を付けて自分で歩いています。

子供の環境を整えてあげることはとても大切だと考えさせられますね。

そして、ご本人のインタビューから見えてくるのは、お母様の愛情がとても深かったこと。

すみれさんが「きちっとしっかりしなきゃ」と緊張しているときは、「そこまできっちりして絶対成功しようと思っても、絶対にできないよ。いいじゃん」とアドバイスをくれたのだとか。

気持ちを感じ取って、そっと寄り添う姿勢が子供に安心感を与えたのでしょう。今でも母親とは毎日連絡を取る『精神的な先生』のような存在だといいます。

家庭によって子育ての方針や環境は大きく異なることでしょう。

しかし、子供を一人の人間として意思や希望を尊重すること、辛いときに支える一番の味方になってあげること、力強く歩み出した子供をそっと見守ることなど、根底にある大切なことは同じなのかもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス