ファン同士が飽くなき抗争を続けてきた明治製菓の「きのこの山」「たけのこの里」に、新たな歴史が加えられることになりました。

6月23日に新商品「こんがり焼けた たけのこの里」が2種が発売されます!

この商品の一番のポイントは、こんがり焼いたことで手で触ってもチョコが溶けにくくなり、手がベタベタしないということ。「たけのこの里は手が汚れるからイヤ」というきのこ派を取り込む作戦としては申し分ないでしょう。

きのこ派かたけのこ派か、それが問題だ

出典 YouTube

きのこ派かたけのこ派かを巡るファン同士の抗争を「きのこたけのこ戦争」といいます。

現在まで両者はお互い一歩も引かない攻防を繰り広げています。

きのこたけのこ戦争とは、1980年から現在にかけて、チョコレート分離主義・ハンマー族・ビスケット派を中心とするきのこの山陣営と、チョコレート混合主義・ドリル族・クッキー派を中心とするたけのこの里陣営との間で戦われている日本国最大級の内戦。

出典 http://dic.nicovideo.jp

小規模な派閥戦争だったものが、21世紀前後のインターネットの普及により、日本全土へ一気に拡大しました。

辱めを受けるたけのこの里。

きのこの山をたけのこの里に改造するという狂気のレシピも発見された。

どっちも同じじゃないの?と思われがちな「きのこの山」「たけのこの里」にははっきりとした違いがあります。

・「きのこの山」スナック部分が「クラッカー」のチョコレートスナック菓子
・「たけのこの里」スナック部分が「クッキー」のチョコレートスナック菓子

チョコレートの分量だけではなく、全くの別物。クラッカーは小麦粉に「イースト」を入れて発酵させて生地を作ります。脂肪分は少量で、砂糖はほぼ無糖。クッキーは糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれているものを指します。

「きのこたけのこ戦争」はクラッカー派とクッキー派の戦いでもあるのです。

里の危機と見せかけた策略?

焼き討ちされたはずのたけのこの里から、今回はいちご味も同時発売されます。里のいちご畑には豊かな実りがあるという事実。

「こんがり焼けた たけのこの里」――。
彼らこそ全きのこを殲滅するために開発された最強の兵士なのではないでしょうか。きのこ派の奇襲に遭ったというのは情報操作かもしれません。

本格的な夏シーズンに向けて、鎧甲(チョコレート)が溶けにくい強靭なたけのこ兵士と、通常のきのこ兵とでは耐久度に明らかな差が出ます。それがたけのこ陣営の真の狙いなのでは・・・。

たけのこ軍の圧倒的な軍事力を前に、きのこ達はなす術もないのだろうか・・・。

その真相は

じつは過去にも似たような商品が発売されていたというオチ。大型新人との触れ込みでしたが、きのこの山へ向けられた最強刺客ではなかったようです。

狙い通りきのこ派から流れてくる人も。

きのこ全滅作戦でなかったことにひと安心。静観しているきのこ側の新商品も気になるところですね。筆者は正直、美味しければどっちでもいいんですが・・・。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス