夏は暑さで食欲が無くなる事って多いですよね。そんな時に便利なのが、手早く作れる野菜の冷製スープです。

そこで今回はネットで評価の高い「夏野菜の冷製スープレシピ」を5つ厳選し、詳しくご紹介したいと思います。

野菜冷製スープの利点

野菜の冷製スープはヒンヤリとして飲みやすく、夏に収穫される旬の野菜は「栄養満点」で「美容」効果も高く、更に「低カロリー」で「腹持ち」が良いので「ダイエット」効果があり、野菜によっては大きな「デトックス」効果も期待できます。

じゃがいも冷製スープ☆ビシソワーズ

冷製スープの代表格といえばジャガイモですね。コチラのスープは北海道の新じゃが「インカのめざめ」という品種を使って作ると、凄く美味しくなるそうです。

続けて飲めば肌質大幅UPで小顔美人に!

ジャガイモには「ビタミンC」が多く含まれ、春先~初夏に収穫される新じゃがは普通のジャガイモより、ビタミンCの含有量が多く、しかもジャガイモのビタミンCはでんぷん質に包まれているので、熱に強く、加熱しても壊れ難い性質を持っています。

ビタミンCにはシミやシワ、お肌のクスミを取り除く作用があり、肌質を総合的にアップする効果があります。その他カリウムも凄く豊富なので、お顔のむくみなどが取れ「小顔効果」も期待できます。

材料(2人分 )

じゃがいも(お勧め品種は、インカのめざめ)
皮をむいて175g(約小3コ:200g位)
たまねぎ中1/4個(50g)
バター大さじ1/2弱(7g)
水100ml
塩適宜
白こしょう少々
牛乳(半量豆乳もお勧め)150ml
好みで飾りにパセリ等少々

作り方

1: たまねぎとジャガイモの皮をむき、薄切りにする

2: 鍋にバターを熱し、たまねぎを透き通るまで炒めてから、ジャガイモを加え焦がさないよう混ぜ炒める

3: 全体に油が回ったら水を加え、蓋をして 弱火で12分位煮込む。仕上げに塩胡椒で調味する※目安:写真の状態になる位まで煮込む

4: 牛乳”100ml”を加え、沸騰直前まで軽く煮、荒熱をとってからミキサーにかけ 冷蔵庫で冷やす。

5: 食べる直前に残りの牛乳50mlを加えて良く混ぜ、塩で味を調える。※入れる前はぽってり状態です。ここで緩める事を忘れずに!

出典 http://cookpad.com

コツも含め、レシピが丁寧に書かれているので手順が多い気がしますが、基本、お鍋1つで簡単に作れます。

簡単!!トマトの冷製スープ

女性に人気の夏野菜「完熟トマト」と「新玉ねぎ」をタップリ使った冷製スープです。酸味の効いたコンソメ仕立てで、フレンチな仕上がりがオシャレです。

続けて飲めば美肌美人に!

トマトには「リコピン」という強力な抗酸化物質が含まれ、βカロチンの2倍のという、大きなアンチエイジング効果を発揮するので、お肌の老化を総合的に防いでくれます。

また、新玉ねぎには食物繊維が豊富で、フラクトオリゴ糖という多糖類が多く含まれ、デトックス効果の高い事が良く知られていますから、肌荒れ解消にも最適です。

材料(4人分)

トマト大玉5個
玉ねぎ大1個
コンソメ(固形)2個
おろしにんにく(チューブ)小さじ1
塩少々
胡椒少々
ドライパセリ少々

作り方

1: トマトはへたを取り、8等分ぐらいに切る。玉ねぎはみじん切りにする。

2: 鍋にオリーブオイルとおろしにんにくを入れて火にかけ、強火で玉ねぎをよく炒める。さらにトマトを入れ炒める。

3: トマトが崩れたら、コンソメを入れて中火で10分間で煮込み、塩・胡椒で味を調え火を止める。

4: ③をミキサーにかけて、なめらかにしたらできあがり。※冷蔵庫でよく冷やしても美味しいです。

5: 器に注ぎ入れ、ドライパセリをふりかけたら出来上がり!

出典 http://cookpad.com

にんにく風味でスパイシー、これは美味しく飲めそうです。

火を使わずに!冷製☆枝豆ポタージュスープ

夏と言えば枝豆ですよね。こちらは市販の冷凍枝豆、新玉ねぎ、牛乳を、フードプロセッサーで滑らかにし、後は電子レンジで加熱すれば出来上がりという、濃厚で凄く美味しいと評判な枝豆の冷製ポタージュスープです。

続けて飲めばダイエット効果大!

枝豆には美肌を作るビタミンCを始め、疲労解消や脂肪燃焼効果の高いビタミンB1、B2が豊富に含まれ、良質な植物性のたんぱく質をタップリと摂取出来ますので、ダイエット中の飲み物として最適です。

材料(2人分)

冷凍枝豆(自然解凍で食べられるもの)半袋200g位(処理して100gくらい)
玉ねぎ中1個
コンソメ1個
牛乳(又は豆乳)300ccくらい

作り方

1: 枝豆は袋の表示通りに解凍し、鞘から出し、薄皮も取る。

2: 耐熱容器に上下十文字に切れ目を入れた玉ねぎを入れ、ラップをし、電子レンジで7分半ほど加熱する。(様子を見て、透き通るまで)

3: 2の玉ねぎをスプーンで荒く崩し、コンソメを入れ、よく混ぜ溶かす。

4: フードプロセッサーに1の処理済みの枝豆(トッピング用に6粒残しておいて☆)と、3のコンソメ玉ねぎを入れ、なめらかになるまで、ガーッと動かす。(途中、時々止め混ぜてムラのないようにして下さい☆)

5: 4に、3回くらいに分けて牛乳を入れ、フードプロセッサーを動かしなめらかにする。最後に、好みの濃度と味に整えて出来上がり^^〜味が薄かったら塩少々、濃度が濃かったら牛乳少々で調節して下さい☆

6: 器に入れ、冷蔵庫で食べる直前まで冷やし、食べる直前に、好きなトッピングをして飲んで下さい♪〜写真は、牛乳と枝豆トッピング〜

出典 http://cookpad.com

作り方のコツまで丁寧に書かれ、とても分かり易いレシピですね。

超特急!!きゅうりの冷製スープ♪

題名通り、超特急で作れる冷製スープです。夏野菜の代表格である旬の「きゅうり」が美味しく食べられますので、とても便利ですね。

続けて飲めば美脚美人に!

きゅうりには体を冷やす作用があり、暑気あたりなどの解消にはとても効果的です。また「カリウム」が豊富ですから下半身の「むくみ」も効果的に取り去る事が出来ます。その他「二日酔い」や「がん予防」などにも、大きな効果があるそうです。

材料(2人分)

きゅうり2本
コンソメ(顆粒)小さじ1/2
牛乳100cc
ヨーグルト大さじ
2ヨーグルト(仕上げ用)小さじ2

作り方

1: きゅうりはすりおろしてボウルなどに入れ、顆粒コンソメを混ぜてよ~く溶かす。

2: 1のボウルに牛乳とヨーグルトを加えて混ぜる。

3: 器に注ぎ、仕上げ用のヨーグルトを1人につき小さじ1ずつ加えたら完成♪

出典 http://cookpad.com

とても簡単に作れますね!

とろ〜り濃厚な長芋のスープ

最後は筆者愛用の冷製スープレシピをご紹介致します。この冷製スープは簡単に出来て独特な飲み心地が堪らない一品で、1度飲むとクセに成る美味しさがあります。

続けて飲めば元気に!&デトックス効果大!

長芋は強力な滋養強壮作用があり、室町時代以前は病後などに精を付ける為の「薬」として用いられていました。また、長芋に豊富に含まれるアミラーゼという消化酵素は食物の消化を助け、ネバネバ成分のムチンは胃の粘膜を保護する作用が高いそうです。

また、同じく長芋に多く含まれる食物繊維は、善玉菌を増やして腸内環境を整え、便秘解消など、大きなデトックス効果を発揮します。

材料(2人分)

長芋120g
★豆乳(無調整)と牛乳あわせて300cc
★顆粒コンソメ小1/2
★塩小1
黒胡椒・パセリ(仕上げにお好みで)適宜

作り方


1:長芋はピーラーで皮を剥き適当な大きさに切り、ラップをし、600wレンジで3分半ほど加熱する

2:1の長芋を、FPまたはバーミックスにかける

3:2と★材料を鍋に入れ、弱〜中火で沸騰させないようにかき混ぜながらとろみがつくまで温めればできあがり♪

出典 http://cookpad.com

僅か3手間で作れるので便利です。

この記事を書いたユーザー

aki_5555 このユーザーの他の記事を見る

ジャンルにこだわらず、自分が面白いと思った事を発信したいと思います。
猫好きでオス猫(写真の猫)を1匹飼っています。

twitter  https://twitter.com/sanada748
Google+ https://plus.google.com/110154676706611099251

権利侵害申告はこちら