皆さんは、京都にある「からふね屋珈琲」というお店をご存知ですか?関西地方にお住まいの方は行った事がある方も多いと思いますが、関東やそれ以外の地方に住んでいる方はまだ行った事ない方も多いはずです。

しかしこれから夏シーズンは京都に旅行する方も多いと思いますので、オススメの店として今回はからふね屋珈琲について紹介していきましょう。

からふね屋珈琲ってどんな店?

出典 http://kyocafe05.blog.fc2.com

まずからふね屋珈琲とはどんな店なのか説明していきましょう。からふね屋珈琲は京都の三条に本店があり、ランチに利用したり飲み会の後しゃべり足りない時に利用したりと多彩な利用目的で来店できる所が魅力なんだとか。

それもそのはず、営業時間も1番早い店舗ですと7時からやっている所もあります。また店内の雰囲気はカフェというよりは昔ながらの喫茶店のイメージがしっくりくるようです。

噂の看板メニュー・ジャンボパフェを食べた人達の証言

出典 http://meymao.hatenablog.com

信じられないサイズのパフェを発見しました。それは我々の常識を遥かに越える代物です。人が食うようなサイズではない…そもそもこれをパフェと呼んでいいものなのかどうなのか。

この「ジャンボパフェ」が食べられるのは京都にある喫茶店「からふね屋珈琲 三条本店」。 興味の湧いた方は是非詳しくご覧下さい!

出典 https://se.pinterest.com

「これでもか!」と、積み上げられた18種類のアイス。四方八方に伸びるポッキー。豪快に突き刺さるメロン。その他にも、キウイやバナナや生クリームが並べられ、器の中は飽和状態。総重量8kgにものぼります。

対象人数は6人から10人に設定されているこのパフェを、今回は最低人数である6人でチャレンジです!メニューに掲載されている写真のビジュアルと、ジャンボパフェの名前に若干の不安を感じながら登場を待つ我々。

パフェが登場した瞬間、その大きさに歓声が沸き起こりました。せっかくなので、まずは記念撮影です。

出典 http://hatenanews.com

ジャンボパフェというだけあって、アイスやフルーツといった定番のトッピングだけでなく、シュークリームや白玉、ワッフルなど、いろんなスイーツを一気に楽しめます。山のように重なったスイーツを、グングン掘り進めていく我々。

これは、なかなか快調なすべり出しです。しかし、順調だったのはつかの間。そのバラエティの豊かさにお腹も、気持ちもあっという間に満たされてしまい、スプーンを持つ手が徐々にペースダウン。

出典 http://hatenanews.com

「負けるわけにはいかない…」そんな気持ちとは裏腹に、6人の脳はスプーンを持ち上げる事を拒否。なんとか残り半分までは食べたものの、遭えなく白旗をあげました。巨大なパフェを前に見事敗北してしまった我々。

食後、数時間は「もう一生、甘いものなんていらない!」という気持ちでしたが、「また挑戦したい」と思うのは、ジャンボパフェの魅力のせいでしょうか。ちなみに6人から、という基準は過去に完食したお客様の最低人数からきているそう。

きっとスイーツをこよなく愛する6人組だったことに違いありません。

出典 http://hatenanews.com

からふね屋ジャンボパフェ~♪

出典 http://photozou.jp

170種類のパフェがある「からふね屋珈琲店」驚くのは種類ばかりじゃない、「ジャンボパフェ」というちょ~ビッグなパフェも。およそ10人前らしいですが、どこから手をつけていいのか…

出典 http://blog.goo.ne.jp

先日なんですが、2日に分けて、京都は三条河原町にあるからふね屋でジャンボパフェと超ジャンボパフェを食べました♪留学生の間でもウワサのジャンボパフェ。使用するフルーツは16種類、アイス18種類、総重量8Kg。

6~10名様のグループ客に人気!だそうです。お値段10,000円なり☆食べる前に写真撮ったりして、「こんなに食べれるー??」とか心配してましたが、食べられないわけがない!!あっとゆう間でした♪

数日後、さらにメンバーを増やして、お店で最大のパフェをオーダーしました。その名も、「ル・レーヴ」。フランス語で「夢」を意味するジャンボパフェ。まさに、パフェ好きにはたまらない、夢のようなモリモリパフェですw

出典 http://happyfunnywappydays.seesaa.net

毎年恒例の京都旅行。一見、普通の京都観光旅行だが・・・水面下では必ず履行されている、真の目的があるそれは「からふね屋珈琲店」三条本店にのみ存在する巨大パフェを食べるコト!!

その「巨大パフェ」とは1日に出せる個数が決まっていて要予約「パフェシエ」と呼ばれる、ごく一部の人間にしか作れない特別なパフェ(公式サイトより抜粋

ちなみに去年に食べたパフェは「ジャンボパフェ」 10,000円 (三日前より要予約)

出典 http://eityun.blog54.fc2.com

あまぁ~~ぃ記憶から1年…さらなる飛躍を目指して集まった8名のパフェラー今回挑戦するパフェは、花束を意識して作ったジャンボパフェwさっそく注文し期待して待つと
キタ━━━(´∀`)・ω・)゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)゚∋゚)゚ー゚)━━━!!!!←8名

「ジャンボパフェシリーズ・ブーケ」 15,000円 (5日前より要予約)さすがに花束(ブーケ)と言われるだけあってキレイっ!!中段に「バームクーヘン」が丸ごと1つ入ってますっ
下段の「苺ソース&ムース」がメチャクチャ甘い(爆

8人がかりで大苦戦して何とか完食。今年は去年よりも、あまぁ~~~ぃ記憶が残ったわwww

出典 http://eityun.blog54.fc2.com

いや~皆さんかなりのつわものぞろいですね!これを書いている筆者は無性に甘いものが食べたくなって小さい器一杯にバニラアイスクリームを食べましたが、その小さい器のバニラアイスが何個分入っているんだろうと考えただけで驚愕です!?

しかし年末から年始にかけて義弟が友人と卒業旅行で日本へ行くので、是非京都に行って食べて来てはどうかと勧めてみようと思います。㊟筆者はスウェーデン在住

からふね屋珈琲の名物パフェはジャンボパフェだけではなかった!?

出典 http://www.another-osaka.com

からふね屋珈琲ってどっかで聞いた事あると思っていたのですが、そういえば名物のジャンボパフェの他にからあげパフェやアメリカンドッグパフェ、エビフライパフェなどのキワモノパフェシリーズメニューもある事で有名ですよね!

こちらはジャンボパフェとはまた違った魅力があると思うので、お腹が空いている方にもオススメではないでしょうか!?

如何でしたでしょうか?この記事を読んで食べてみたい!と思った方は今すぐ友達に声をかけて今年の夏の予定をたてましょう。恋人と行きたい場合は人数的に2人は厳しいと思われるのでなるべく大人数になりやすい友達同士や親戚一同等のグループで作戦を立てる事をオススメ致します。

スウェーデン在住で食べに行かれないスイーツ大好きな筆者の為にどなたかレポをお待ちしております!

この記事を書いたユーザー

Ai Honda Eklund このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局プラチナ公式ライター。カフェトーク講師。北欧スウェーデン在住のマルチオペラシンガー兼フリーライター。イタリア在住時などの数々の経験を元に、ワールドワイドな目線で様々な記事を執筆。今年9月に生まれた待望の息子とスウェーデン人旦那と共に、スウェーデン・ダーラナの片田舎の村でひっそりと生息中。Amebloもやってるので是非遊びに来てください♪http://ameblo.jp/aihonoka/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス