記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。「電磁波が、妊娠中のお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす」ということを聞いたことはありませんか?今回は、そんな電磁波と赤ちゃんの健康の関係について、医師に聞いてみました!

■ 電磁波は妊婦の敵!?そもそも電磁波って何?

実は、電磁波が妊娠中に与える影響について、まだ詳しいことがよく分かっていないのです。そもそも、電磁波とは、電気と磁気の両方の性質をもつ「波」のことをいい、電気の影響が及ぶ範囲を「電場」、磁気の影響がおよぶ範囲を「磁場」といいます。

この電場と磁場がお互いに影響しあい、電磁波の「波」が作られる、というのです。

■ 電磁波には5つの種類がある!

電磁波は、周波数(1秒間に生じる「波」の数)で表されます。そして、電磁波には、以下の5つの種類があります。周波数の高いものから順に電磁波の種類について述べたいと思います。

1. 電離放射線(X線やガンマ線)

2. 紫外線


3. 可視光線(人間の目に見える光)


4. 赤外線


5. 電波(テレビ、ラジオ、パソコン、携帯電話から発生している電磁波)


また、5.の電波の中でも、周波数の違いによってさらに分けられます。

・マイクロ波/電子レンジや携帯電話から発生している周波数の高い電波

・低周波/高圧送電線から発生している周波数の低い電波

■ 電磁波でがんになる!?身体に及ぼす影響は?

こういった電磁波が、発がんに影響しているといった報道があります。しかし、実はWHO(世界保健機構)をはじめとした各国の研究の結果、電磁波と発がんの可能性は否定できないが、関係するかどうか明確ではないといわれています。

つまり、現時点では、はっきりとわからないということなのです。

■ 妊婦や赤ちゃんは電磁波を避けるべき!?

妊婦さんや、赤ちゃんへの電磁波の及ぼす影響に関してですが、低周波のものは、小児がんや小児白血病を、マイクロ波のものは、先天性異常や流産、早産などを引き起こすかもしれないといわれてます。

しかし、本当に因果関係があるのかどうか、世界各国の研究の中では、答えが出ていない状況です。逆に、電磁波の影響を心配しすぎるほうがストレスになり、日常的に自然にあびる程度の電磁波であれば、そこまで神経質になって気にする必要はないと近年は考えられるようになっています。

とはいえ、まだ研究結果が出ていないのは事実ですから、あまり神経質にならない程度に、電磁波とうまく付き合ってくださいね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス