出典 https://upload.wikimedia.org

記事提供:しらべぇ

日韓の外交関係や国民感情の悪化に、改善のきっかけが見えない。

安部首相が4月29日、日本の総理大臣として初めて行なった米議会での45分間にわたる演説。

米国メディアや国内では、おおむね高い評価を得たが、韓国政府は「『慰安婦』問題への言及がない」「植民地支配と侵略の歴史について謝罪していない」と遺憾の意を表明。韓国メディアも一斉に非難した。

なお、この演説の中では、「先の大戦に対する痛切な反省」「アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない」と述べられている。

■「世界遺産」登録問題でも対立

出典 https://upload.wikimedia.org

今月末に正式に登録が決定される世界遺産についても、両国は激しく対立している。

ユネスコの諮問機関から登録が勧告された「明治日本の産業革命遺産」について、韓国は「これらの施設で朝鮮半島出身者が強制労働された」として、申請の撤回を要請。

日本政府は、「申請した時期(1850~1910年)と朝鮮半島で徴用が実施された時期(1944年9月~)は、まったく異なり、歴史的背景も違う」と主張。

しらべぇが以前報じた調査では、これらの言い分について「韓国の主張がおかしい」という意見が66%にのぼった。

【日韓バトル】日本の「世界遺産」に韓国が猛抗議!日本で反感を覚える人は6割

■関係悪化は、どちらに非があるのか?

他にも、韓国サイドでは、李明博・前大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求、日本では、右派と目される安倍政権の誕生やヘイトスピーチ問題などが、両国政府や国民を刺激してきた日韓関係。

ここまで悪化した原因は、どちらに責任があるのだろうか?全国20~60代の男女1671名を対象に日本サイドの意見を調査してみた。

結果、全体の9割が「日本に非はない」と回答。また、男女別に見ると、微差ではあるが女性のほうがやや「韓国に非がある」と考えている割合が高い。

韓流ドラマやK-POPアイドルに熱狂していた女性たちは、裏切られたような気持ちになっているのかもしれない。

今年は、戦後70年。夏には、広島・長崎での平和記念式典や、70回目の終戦記念日も迎えることになるが、もっとも近い隣国との関係が改善するヒントを見つけることができるのか。

また、韓国政府や国民は、こうした日本の世論を見てどのように考えるだろうか?

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日
対象:全国20代~60代男女計1671名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス