記事提供:長谷川豊 公式ブログ

元少年Aが出版した『絶歌』という本に対して、大変なバッシングが起きている。

もちろんだと思うし、何よりそうあるべきだ。私自身、もともと少年犯罪に対して厳しい態度をとってきた人間なので、発売翌日には本屋に走り、このブログ上で徹底的に叩きのめしてやろうと思ってこの本を購入してきた。

要は資料として、だ。

しかし、前回のブログにも示したように、実際に読んでみると、考えていた内容と違った。読めば読むほど、これは、ひょっとしたら意義のあるものなのではないか?という考えが頭をよぎり、(この本は2部構成になっているのだが)

第2部を読み終えた段階で、なぜ批判を覚悟で…と言うよりも、批判されることを分かっていたにもかかわらず、太田出版が出版に踏みきったのかも、少し理解できた気がした。

結論から言う。この本の出版も、この本自体も、そもそも元少年Aも、厳しく否定されるべきである。それは前回のブログにも記したとおりだ。

このような出版物を出すにあたって、犯罪被害者に許可をとりもせずに黙って出版はありえない。言うまでもなく、バッシングされるべきだし、今起きている批判は当然のことである。

しかし、その点を除けば、批判的意見の中に、私は決定的に欠けている視点が存在すると感じる。そこを提示したことが、この本の意義だと感じているのだが、以下に、この元少年Aの本を批判する方々に

『決定的に欠けている視点』

を僭越ながら指摘させていただきたい。

前回の私のブログには大変多くのお叱りのコメントを頂いた。それらの批判コメントの中に、

「長谷川は、自分の子供たちが被害にあったら同じように言えるのか?」

というものがあったが、では、私から逆に問う。この『絶歌』を批判している、自称『正義の味方君たち』に問う。悪をネット上で叩きのめすコメントを書き込み、悦に入っている、そこの貴方だ。

「あなた方は、加害者になったときに、同じように質問してくるのか?」

答えていただきたい。私のブログに汚い言葉でいろいろ書いてきた人間、全員答えていただきたい。もう一度聞こう。答えていただきたい。

「あなた方は、『加害者の側になる可能性がある』のだが、それは考えたことがないのか?」

きわめてシンプルな質問だ。大半の「ええカッコしいの偽善者」はこの質問に対して「考えていない」のだ。住民票をお花畑に変更することをお勧めする。自分は一切巻き込まれないとでもカン違いしているのだろうか?

この元少年Aの著書は、前半と後半に分かれている。

前半部分、この元少年Aがどのように狂ってゆき、どのような変調を来たし、どのような兆候が見られ、「ごくごくありふれた当たり前の家庭」から、「完全に病気と後に診断される殺人者が生まれる」までの過程を克明につづられている。私がこの第1部で感じた感想、それは…

私の子供たちだって、そうなる可能性がある

ということだった。日本中、誰でも子供がいれば感じる気持ちのはずだ。中には、私に「長谷川は独身なのか」とネットをググれば2秒で答えの分かる低レベルな質問をしてきたバカがいたが、私には3人の子供がいる。親として感じたのだ。

元少年Aの家族に、誰でもなる可能性があるのだ。

この視点を、この本は明確に提示しているのだ。同時に、平和ボケした日本人には、この視点がとても足りないのだ。被害者が語り、被害者が涙を流し、被害者の立場を慮る(おもんばかる)ことは、現代の日本ではとても多くのシーンで目にすることがあるのだが、「加害者側」は日本では、くさいものとして扱われ、蓋をされるために

何もしゃべることを許されないのだ。

日陰で暮らすしかなくなるのだ。

関係のない人間が寄ってたかってリンチするからだ。

しかし、何故みんな気づかないのだろう?「被害者になる可能性」と「全く同じ数」の「加害者になる可能性」がある、という事実に。批判している人の気持ちは分かるが、もう少し視野を広げるべきだ。

自分は正常だ?いや、子供がそうなる可能性があるじゃないか。

自分はちゃんと子育てしてる?いや、元少年Aの家族もいたって正常だしちゃんと子育てしてる。この本、読んでくれ。

この元少年Aは、のちに国が決めた超専門家たちによって徹底的な分析が行われ、その結果、明確に「病気である」と診断されている。なので「医療少年院」に送致されているのだが、

病気というものは…誰でもなる可能性はあるものなのだ。

カン違いしないでいただきたい。この元少年Aは「殺人鬼」ではなく「病気」だったと診断されているのだ。この判断に文句があるのであれば、それはその診断をした専門家に言ってくれ。私にドーノコーノと言ってくるな。

さらに

「被害者の家族のことを考えろ!」

というコメントを頂戴したが…もちろん、そんなこと分かった上で、前回のブログは書いている。被害者家族の思いとは、100人に聞いても200人に聞いても同じである。そう。たった一つだ。

もう、二度と同じような悲劇を繰り返させないでほしい。この一点だ。これは全員が同じことを言うのだ。

犯人を恨んでしまう人も多い。生きる気力を失ってしまうことも多い。だが、何を言っても、もう亡くなった人は帰ってこない。被害者家族を救うべく、我々がするべきことは一つだ。

「同じような悲劇を繰り返させないこと」だ。

その為に必要なことは「知識」だ。それも出来るだけ「正確」な「知識」だ。日本では、加害者側からの告白…特に、このように人を2人も殺しておいて病気だと診断され、治療を受け、その後社会復帰している、という人間は、実はほぼ存在しない。そもそも、人を2人殺した段階で、ほぼ死刑だからだ。

しかし、元少年Aは、生きている。確かに存在している。しかも、専門の医師たちが「病気は治った」と判断できた状態で。

この証言は、まぎれもなく、今の無菌状態大好き日本において「極めて珍しい情報源」だ。

この本の第1部には、元少年の人格が次第に壊れていき、どんどん狂っていき、その過程で、どんな兆候が表れたのか、どんな言動になっていったのかを克明に記してある。性的な興奮を求めて、猫を殺し、エスカレートしていく過程などを、とにかく逃げずに描写してある。

皆さんのそばに、似た兆候の人間はいないだろうか?

情報があれば、人間は対処できる。全部とは言わないが、対処できる可能性が広がることは確かだ。元少年Aはまぎれもなく異常状態だった。完全な病気だった。普通の家庭に、異常な少年が生まれただけだ。

何度も私のブログで書いていることだが、1億2700万人も人間がいたら『不良品』は存在する。これは事実だ。

私は、メディアにいる人間なので、被害者の味方をすることで、ええかっこしいをするつもりはない。既にそこに悲劇はあった。

で、あるならば、その事実から何かを学ばなくて、どうする?被害者家族に同じことが出来るのか?そんな悲劇があったのに、冷静に分析なんてできる訳ないだろう。我々、まだ一歩引いた目線に立てる人間が、冷静に分析しなくてどうする。

私たちこそが、被害者側にも、加害者側にも立たずに、未来の犯罪を減らすために冷静さをもって分析すべきなのだ。少なくとも、私はそう思っているので、正直な感想を書いたまでだ。

この本には、周囲に潜む可能性のある「異常人間」たちを見抜くヒントが多数記されている。読めば、犯罪の予見につながる可能性が高い。それほどリアルに描いてある。

この本の後半には、犯罪予備軍が読めば、「絶対に犯罪なんてしないでおこう…」と感じてしまう、「犯罪者のリアルな出所後」が記されている。これを読んだ直後に「よし!犯罪するぞ!」となる人間はかなり少ないと思う。こちらも、あまりに苦しい状況がちゃんと書いてある。

印税で儲けようとしている、という想像力豊かな人間が多数いるようだが、それもこの本を読めば、ちゃんと書いてある。

この元少年Aは金のためにこの本を書いたんじゃない。いや、むしろ、金に執着がとにかく無い方の人間だ。ご遺族への送金か、迷惑をかけた家族への送金にするのだろう。とにかく儲けたくて書いたわけじゃない。それは明確に書いてある。

以上から、私は、出版社のミスは間違いなく糾弾されるべきだと思いながらも、この本は「最低限の意義」は感じられるものとなっている、と判断した。

以上だ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス