オーストラリア、クイーンズランドで馬牧場を営むマック&ゲイル夫妻を襲った悲惨な事故。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

13年前、妻であるゲイルさんは農作業中、耕作機に巻き込まれ両腕を失いました。

その日を境に、夫は彼女の手となり一生を過ごす事を誓ったのです。

食事、着替え、そして女性として大事な“お化粧”

マックはゲイルの生活が今までと変わらないように、と必死で彼女をサポートし続けました。

1年前、そんなマックの献身的なサポートと2人の生活を取り上げたのが世界的にも有名なABCニュース。


2人の生活はドキュメンタリーニュースとして大きく取り上げられました。

出典 http://www.epochinspired.com

その中でも特に世の女性たちに感動を与えたのが、13年間毎日欠かさず彼女に化粧を施すマックの姿。

出典 http://www.epochinspired.com

妻のゲイルさんは彼の施す化粧について“最近ますます腕を上げてきたのよ”と笑顔で語りました。

“最初に化粧を施し始めた時、私が思った以上に、なかなかの物だったの。最近はもう腕に自信が付いちゃって生意気よ(笑) 彼はどうすれば一番私が綺麗に見えるかわかってるから、彼に任せてるわ”

ゲイルにここまで信頼されているマック、この信頼と強い絆は2人が13年間で築き上げた、まさに唯一無二のもの。

" I think we'd probably have the strongest bond of any marriage out there because we simply don't part.and when we are apart...it definitely feels like there is something missing"

“I obviously am more than happy to do whatever Gayle wants.”

“私達はこの世の中のどの夫婦よりも強い繋がりを持っていると思う。なぜなら、私たちは単純に離れない、離れたとしたら、間違いなく何かが不足してると感じるんだ”

“私は、妻が望むことなら何でもしてあげたいし、それが自身の幸せでもあるんだ”

そうマックは語ります。


現在日本では2.9組に1組、約1分49秒に1組が離婚しているという深刻な現状があります。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

DVやモラハラ、経済的事情など離婚をやむなく選択する夫婦も多く居ると思います。

その中でも離婚原因のトップにいつも上るのが“性格の不一致”

不一致じゃ仕方ない。と諦める前に、相手に対してお互いがどこまで思いやりや愛情を持って接してきたか、という事を見直してみるのも大事なのではないでしょうか。

こちらもお勧め最新記事↓↓

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス