記事提供:wondertrip

岐阜県の白川郷とともに、その合掌造り集落の価値の高さを認められ世界遺産に登録されたのが五箇山です。ここではそんな、富山県の五箇山地区の魅力についてご紹介します。

出典 https://www.be-en.co.jp

五箇山(ごかやま)は、富山県の南西端にある南砺市の旧平村、旧上平村、旧利賀村を合わせた地域のことです。

出典 https://www.pinterest.com

隣接している岐阜県大野郡白川村の白川郷(荻町地区)とともに「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として、1995年12月世界遺産に登録されました。

出典 https://www.pinterest.com

世界有数の豪雪地帯であるこの地区では、自然と共生して生きていくために傾斜の急な「合掌造り」と呼ばれる茅葺きの家屋が作られました。合掌造りは、国内の他地域にはない、五箇山と白川郷のみに現存するとても貴重な民家の形式です。

出典 https://www.pinterest.com

「相倉合掌造り集落」には23棟、「菅沼合掌造り集落」には9棟の合掌造りが現存しています。約100年~200年前に作られたものが主ですが、古いものは400年前に建造されたといわれています。

ふたつの集落には現在でも合わせて約80人の住民が生活を営んでいて、田畑や石垣、雪持林に囲まれたその村の景観は、美しさと人間の力強さを感じさせます。

出典 https://www.pinterest.com

四季を通して日本の美しい原風景を見せてくれる五箇山。中でも銀世界の中に、あたたかな光が灯る冬は絶景です。

出典 https://www.pinterest.com

凛と冷えた空気の中に佇む合掌造りの集落は、多くの写真愛好家を虜にしています。冷えた体をすぐに、地元の人の憩いの場「くろば温泉」の露天風呂で暖めることができるのも、人気の秘密です。

出典 http://photohito.com

全国的な著名度では白川郷の方を先に思い浮かべる人が多いかもしれませんが、昔ながらの人々の素朴な暮しぶりを体感したいならこちらのほうがオススメです。

五箇山への行き方

東海北陸自動車道、五箇山ICより国道156号経由で約20分。

JR高岡駅からは、城端線で約50分の城端駅からバスが出ている(加越能バス、所要時間25分)他、高岡駅発の「世界遺産バス」一本で五箇山まで行くこともできます(所要時間約60分)。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス