「あ~先輩、今日鼻毛出てるな~」とか「(電車で)目の前に立ってる人、社会の窓開いてるな~」のように、気づきたくないけど気づいてしまった!ってことありませんか?

気づいてしまったらもう後の祭り…言いたくてしょうがない!でも、言えない!そんな時に、是非こちらの方法をご活用ください。

『言いづらいことを英語っぽくいう』

出典 YouTube

まぁ…言いやすくはなるけど、一切相手には伝わらないとは思いますが(苦笑)日本語をしゃべっているのに、まるでネイティブ英語をしゃべっているかのような発音に驚きました。このネタを見た現役の英語講師も

「彼女の話し方や口調は本当にアメリカ人みたいで、ところどころ話す英語の発音も完璧でした。途中で“twitter”って発音したと思うんですけど、あれも英語の発音としては完璧でした。」

出典 http://souspeak.com

と言っていたくらい、ところどころで例として出てくる「Twitter」や「New Orleans」「come on」などの発音や、英語っぽい音節に区切って話す話し方などが、本当の英会話講師のようで不思議と勉強になりました…。

それもそのはず、この女性お笑い芸人・石井てる美さんは英語検定1級を取得していて、TOEICも990点(満点)というちょっと異色な芸人さんなのです。

元マッキンゼー社員で現在ピン芸人!

出典 https://qixil.jp

中学・高校は白百合学園、大学は東京大学文科三類に入学した後に日本国外での現地活動を志して理系に転向、工学部社会基盤学科に進学して発展途上国のインフラ整備について学び、その後東大の大学院に進学し修了…とまぁ、ギュッとまとめるとむっちゃくちゃ頭がいい!

そして、大学院卒業後に彼女が就職したのは、外資系コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー。

「マッキンゼーで働くことと、お笑い芸人として働くこと」の一番の違いは、今の私の場合は、なんといっても収入の違いです。今のペースだとあと25年くらいでようやくマッキンゼー1年目の年収に追いつくかどうかです。

出典 https://qixil.jp

もんのすごいエリートだったのにも関わらず、一年余りで退社して、かねてからの夢だったお笑い芸人になったそうです。

“今のペースだとあと25年くらいでようやくマッキンゼー1年目の年収に追いつくかどうか”と言ってるくらいですから、想像するに550~600万円くらいの年収をもらっていたのではないかと思いますが、「人生は一度きり」とお金よりも夢を選んだのですね。なかなか真似できる事じゃないです。

そんな石井さん、“マッキンゼーを退職してお笑い芸人になっている”という異色の経歴以外にも、もう一つ、昨年、ある意味でとてもスゴイ事をして有名になっていました。

「真央ちゃんならできるー!」

出典 http://d.hatena.ne.jp

石井さんは、荒川静香さんが金メダルを獲ったトリノオリンピック(2006)も現地まで応援しに行っていたという程の、大のフィギュアスケートファン。

昨年、日本中を感動の渦に巻き込んだ浅田真央さんのフリーの演技の直前に「真央ちゃんならできるー!」と叫んだ女性の声が、テレビ中継でしっかりと聞こえて話題になりましたが、その声の主は、なんと、現地に応援に行っていた石井さんの声だったのです。

選手が集中を高める大事な時間に叫ぶのはKYだったりしないかなと案じて、今までは観戦に行っても叫ぶことはしない人でした。でも、今シーズン真央ちゃんがインタビューで「演技前に"真央ならできる"って聞こえると"よしできる!"って思う」って答えてるのを聞いて「そうなんだ!」と思い、ソチオリンピックでは絶対に私がその声を届けようと日本にいるときから決めていました。そして、あのショートプログラムの翌日だからこそ、この言葉をより一層届けなくてはという気持ちになりました。

スタート位置につくまでの時間、まずは私も「真央ちゃーんガンバレ~!」と一通り声援を送りました。ただスタートが近づいても「できる!」と叫んでいる声が他に聞こえなかったので少し焦りました。今日ほど「真央ちゃんなら必ずできる」という応援を届けるべき日は無いのに。ますます私が言おうと腹を括りました。

そして、トリプルアクセルの助走を確認して静寂が広がった瞬間、今だと思って「真央ちゃんならできるーーー!!!!!」と叫びました。2階席の後ろの方だったので、よっぽど大きい声じゃないと届かないだろうなと半ばダメ元な気持ちもありましたが、それを叫んだときはなんか自分の声が剛速球のように尾を引いて真央ちゃんの元までどーーんとぶつかっていったような感覚を覚えました。

出典 http://d.hatena.ne.jp

冒頭にご紹介したネタを見ても、ちょっと早口な場面はあっても、よく通る聞きやすい声だなーと思いましたが、この時はさらに気持ちも込もって、最大限の力が発揮された発声だったのかもしれませんね。

声のデカさに感謝した日。

本人にも声が届いていた

出典 http://bingwallpaper.anerg.com

後日、テレビで真央ちゃんが松岡修造さんからインタビューを受けてて「真央ちゃんならできるって聞こえた?」と訊かれて、真央ちゃんが聞こえたと答えていました。真相は永遠に分かりませんが、私が叫んだのが届いたのならいいなぁ!!!

出典 http://d.hatena.ne.jp

テレビ朝日で放送された『ソチオリンピック フィギュアスケート総集編』にて、松岡修造さんに「“真央ならできる!”っていう声援もあったんですよ。聞こえてました?」と訊かれた真央ちゃんは「はい」と確かに答えていました。

これからお笑い芸人として大成して、真央ちゃんに直接あの日のことを聞ける日がくるといいですね。

この記事を書いたユーザー

のぶろんそん このユーザーの他の記事を見る

寝ても覚めても猫・猫・猫♥異常なまでの(?)猫愛を生かした猫記事を中心に書いています。根っからの猫好きさんはもちろん、猫に興味がない人までも猫好きにできれば本望です。猫もネコもだいすきです^^^^^

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス